JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

お世話になります。会社経営者ですが、職員用駐車場が手狭になってきたため、会社近くの土地Aを駐車場として賃貸契約しまし

質問者の質問

お世話になります。会社経営者ですが、職員用駐車場が手狭になってきたため、会社近くの土地Aを駐車場として賃貸契約しました。しばらくして、その土地Aが公共工事にかかるとのことで、賃貸人のかたが、近くに代替地Bを用意するとのことでそこに駐車することになりました。工事が進むにつれ不要な土砂が増えてきたので、Bの近くにある弊社名義の土地Cのくぼみのあるところなどに埋めて整地します、
ですので車をCに停めてもらいたい。Bに、さらに土砂などを置いておくようにしたいとのことでした。
弊社としては、めぐりめぐって自社の土地に車が停めれるようになりましたので、賃借人のかたに土地Aの賃貸契約解除を申し出しましたが、土地Cは賃借人がAの代替地として用意したことになるので契約解除はできないとの話しがあり非常に困っております。実際、契約解除はできないんでしょうか?
また、弊社名義の土地CはAの代替地となるんでしょうか?
よろしくご教示ください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

 契約書は交わされているのでしょうか?解除(多くは賃貸人からのものですが)は、契約条項違反の場合です。禁止条項としては、通常1無断転貸、賃借権の譲渡、2土地上に工作物を設置し、現状に変更を加える、3目的外使用、4賃料支払いを怠ったとき、5賃貸人との信頼関係破壊、があります。賃借人からの解除は、期間の定めのない場合は、いつでも解約申し入れができ、土地賃貸借については、解約申し入れから1年経過により契約は終了します(民617条)。>実際、契約解除はできないんでしょうか? ←肯定的に解されます。また、弊社名義の土地CはAの代替地となるんでしょうか? ←なりません。

法律 についての関連する質問