JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2171
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

養子縁組

質問者の質問

養子縁組
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
養子縁組をされるのは、未成年のお子さんでしょうか?
親権がご相談者様にあるのであれば、別れた旦那様の同意は不要と考えますが、
いかがでしょうか?
もう少々詳しい事情をお聞かせ頂ければ幸いです。
以上よろしくお願い致します。
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
お急ぎでいらっしゃるでしょうから、まずは一般的な情報をご提供いたします。
養子縁組するにあたり、養子となられる方が成人されているのであれば、
届出だけで養子縁組が成立します。
養子縁組をする際には、届出対象者の本籍地又は届出人の所在地役所に届出をします。
必要なもの
・養子縁組届(役所備え付けの書式)
・届出人の本人確認書類(免許証、パスポートなど)
・養子及び養親の本籍地以外に届ける場合は、各人の戸籍謄本1通ずつ
でよろしいです。
養子が未成年者である場合は、届出にあたり家庭裁判所の許可が必要になります。
養子となる者の住所地の家庭裁判所に対して、養親となるものが養子縁組許可の申立書を提出します。
・養子縁組許可申立書
・養親と養子の戸籍謄本及びご相談者様の戸籍謄本)
・養子の住民票
・養親の印鑑
・収入印紙800円
・郵便切手 ※裁判所にお問い合わせください。
養親となる者に配偶者がいる場合は,原則として,夫婦が共に養親となる縁組をすることが必要となります。
いかがでしょうか?
不明点あれば補足いたします。

法律 についての関連する質問