JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2899
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

貸したお金返してくれない。話し合いにも応じない

解決済みの質問:

貸したお金返してくれない。話し合いにも応じない
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
相手に対して、お金を貸した事は借用書などで証明できるでしょうか?
証明できるのであれば本人訴訟で貸金返還請求訴訟を起こした方がよろしいでしょう。
まずは内容証明郵便で直ちに返還するよう「催告」をします。
その際、○年○月○日に○年○月○日までに返還するという約束で貸した金○○円につき、
いついつまでに次の口座に振込み弁済するように求める。支払いなき場合は法的手段をとる事を予めご了承願いたい。
というような内容でよろしいです。
その後支払いがなければ、額面が60万円までであれば少額訴訟を
それ以上であれば通常訴訟を起こします。
少額訴訟または通常訴訟で額面140万円まではご相談者様の住所を管轄する簡易裁判所に
それ以上であれば通常訴訟をご相談者様の住所を管轄する地方裁判所に起こせばよろしいです。
弁護士に依頼するのであれば、弁護士費用の立替制度の利用が可能な場合がありますから、
法テラスにお電話されて一度ご相談されるとよろしいのではないかと思います。
簡易裁判所での裁判であれば司法書士に依頼する事も可能な場合があります。
http://www.houterasu.or.jp/service/hiyoutatekae/
いかがでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます

数度に渡り貸しましたが、借用書はその中の約半分の金額の分のみです。

一度内容証明で借用書がない分を含めた全額を記載した督促状を送りましたが、まるっきり相手にしてもらえません。
本人はその金額は了解していますが、そのうち返すの一点張りです。

すぐ返せるとのことだったのでキャッシングして貸しましたが、その分の利息をこの2年間こちらが支払っている状況です。

利息の正確な金額はわかりませんが、これを請求することはできないでしょうか。

また、その利息の支払いで生活が苦しくなり、車を売ったりしてしのいできました。

精神的な苦痛に対する慰謝料を請求することは可能でしょうか。

よろしくお願いします。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
>数度に渡り貸しましたが、借用書はその中の約半分の金額の分のみです。
一度内容証明で借用書がない分を含めた全額を記載した督促状を送りましたが、まるっきり相手にしてもらえません。
本人はその金額は了解していますが、そのうち返すの一点張りです。
なるほど、そうなるとやはり支払督促手続きか貸金返還請求訴訟のいずれかで
支払いを強制するしかないでしょう。
>利息の正確な金額はわかりませんが、これを請求することはできないでしょうか。
貸金については契約で損害賠償の予定がされていればその金額ですが、
特に定めていないようですと、民法419条により年率5%の遅延損害金しか請求できません。
残念ながらキャッシングの利息については請求できないでしょう。
>また、その利息の支払いで生活が苦しくなり、車を売ったりしてしのいできました。
精神的な苦痛に対する慰謝料を請求することは可能でしょうか。
心中お察し致します。
しかし残念ながらこれも民法419条により損害賠償の額が定められていますので、
慰謝料の請求はできないでしょう。
今後の流れとしては、相手方のお金の流れをつかんだ上で、
支払督促手続きか貸金返還請求訴訟を起こし、権利を確定させてから、
相手方の財産に強制執行を掛ける事になると考えます。
相手方に資力がない場合は強制執行も空振りになってしまいますから、
まずは相手の収入状況を見極めるのが先決かと存じます。
以上よろしくお願い致します。
dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問