JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2634
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

近所トラブル

解決済みの質問:

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
>以前の会社に中国に駐在員として赴任していました。但し面接などは全て中国でしましたが、中国で会社が事務所を起こさず潜りで事務所を作ったのと、給料や厚生年金・保管のため在籍は日本になっていました。海外で背任行為をしていたのが発覚(しかしきちんとした証拠はなく上司の自供のみ)した場合はどちらの法律で裁かれますか ちなみに中国では下請け工場で働いているとしてビザを取っていました。 教えてください
背任罪ですと刑法3条1項14号により日本の刑法で裁かれる事となるでしょう。
いかがでしょうか?
dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問