JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

アパート天井の水漏れ事故で、年賀状や帳簿が濡れて読めなくなってしまいました。この場合の損害賠償を加害者に求める場合、

解決済みの質問:

アパート天井の水漏れ事故で、年賀状や帳簿が濡れて読めなくなってしまいました。この場合の損害賠償を加害者に求める場合、どういった請求方法が適切でしょうか?
保険では、実費保証しかない場合が多いようですが、、。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
shihoushoshikun :

質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。水漏れによって年賀状や帳簿が読めなくなってしまったことによる精神的苦痛による損害賠償は請求できると考えられます。ただし、保険では実損しか払われないので大家に直接請求することになるでしょう。どういった請求方法かという質問ですが、通常は最初は文書によって請求します。しかし、それでも支払ってもらえない場合は裁判によって請求していくしかありません。このような争いは多々あるようですが、精神的苦痛による損害賠償も判例では多くても10万円程度しか認められません。つまり裁判してもその程度の金額しか認められないため結局は諦めてしまう人が多いです。しかし、諦められない、金額ではないというのであれば相手に請求し続けて、裁判によって争うという方法しかないです。

Customer:

回答ありがとうございます。大家さんと直接交渉ということですね。互いに妥協する金額や代替サービス(家賃の支払い免除)で解決できるということですね。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問