JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4801
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

広告代理店と名乗る業者から電話を受け新聞に広告を掲載する会社ですといい、ながされるままにFAXで申込書を受けて書き印

解決済みの質問:

広告代理店と名乗る業者から電話を受け新聞に広告を掲載する会社ですといい、ながされるままにFAXで申込書を受けて書き印を押して送り返してしまいました。そのあと請求が来て振り込んだのですが又電話が来て1回で終わりと終わりと思っていたら2回ワンセットですと言われ、だから6万のところ4万にしましたと言って来てまた申告書をFAXで送って来ました。2回ワンセットだから契約したことになって送らなければならないのでしょうか?
契約内容のクーリングオフに関しましては契約後8日以内までの適用(事業者の場合は適用除外)
と書いてあるのですがこの場合は契約しなければならないのですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お困りのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、広告と言うことになると、ご相談者様は最低でも個人事業主や法人の自営業者と
思われますが、どうでしょうか?
個人であっても個人事業主は、消費者ではないので消費者契約法等で守られた
クーリングオフが出来ません。
その場合は、契約書に従うことになりますが、契約書を渡されて無いのでしょうか?
確かに口約束でも契約は成立しますが、契約書がきちんとしたものがなければ
そこを突く手もございますが、どうやら契約書自体はあるようですね。
その場合は、民事での相手の広告代理店との合意解除をすることになります。
その2回でワンセットと言うは事前に説明を受けているのでしょうか?
2回なら契約はしなかったと言うのではあれば、錯誤無効と言うことで契約の解除を
求めてみるのも手です。
もともとがいくらの広告で、2回分で6万円なのか1回が6万円かがご不明ですが
1回分は利用しようと思っていたのであれば、1回で良いと主張されても良いでしょう。
それと、この手の電話営業してくるような広告代理店は、すべてが詐欺とは言いませんが
ある意味、かもを探しているような業者で信用は出来ない部分はございます。
個人事業主の場合は、消費者ではありませんが、案件によっては
国民生活センター(国の運営)や消費生活センター(自治体の運営)で担当して
くれる場合もあるので、電話相談されるのも手です。
ダメな場合は、経済産業省の中小企業課で相談を受けることもございます。
いずれにしても内容証明で、契約の解除か1回分の広告だけを求めると良いでしょう。
内容証明は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼する手もございますが
対象となる額によっては専門家にご依頼すると赤字になる場合もございます。
また、この手の問題はごね得と言うのがありますので、責任者と話がしたいとか
営業のクレームを言ってしつこく対応していくのもありです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問