JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

婚約破棄の慰謝料の件で相手方ともめておりまして,専門家の皆様に是非良いアドバイスを頂きたく投稿しました。 私は31

質問者の質問

婚約破棄の慰謝料の件で相手方ともめておりまして,専門家の皆様に是非良いアドバイスを頂きたく投稿しました。
私は31歳の男性で婚約破棄した側,相手は28歳の女性で婚約破棄された側になります。
まず,婚約破棄に至ったまでの経緯を時系列で説明しますと,
・2014年3月に交際を開始
・2014年9月にプロポーズ
・2014年11月に相手方の両親へ挨拶
・2014年12月中旬に結婚式場を予約
・2014年12月末に婚約破棄を申し出
となります。
その後の入籍については2015年9月を予定,結婚式については2015年10月を予定しておりました。
結納はまだ交わしておらず,婚約指輪も渡しておりません。
私の両親へはプロポーズ前の8月に一度会わせたことはありますが,婚約後の挨拶へはまだ来てもらっておりません。
但し,私の方から結婚を決めたこと,相手の両親へ挨拶に行ったこと,式場を予約したことは自分の両親に伝えておりました。
本来は式場を決める前に自分の両親へも挨拶にきてもらうべきだと思っておりましたが,自分の実家が遠方であること,結婚式の予定月が人気のシーズンで良い日柄も限られてきていたこともあり両親に説明した上で式場を予約しました。
肝心の婚約破棄した理由ですが,相手の気性が荒く,自分の思い通りにいかないとすぐカッとなり,時には私に暴言的な口調でとことん攻撃してくることに自分自身が精神的に耐えれなくなったからです。
私から見るとおそらく彼女はカッとなると自分自身をコントロールできない性格だと思います。
例えば出張で取引先との会食で夜遅い時間まで付き合っていると,メール等が入っていてもなかなか気付けなかったり返信できなかったりすることもありますが,その際は何度も電話がかかってきて仕方なく出ると「なんで連絡返してこないの!?女と遊んでるからでしょ!?」と攻め立ててきてこちらが冷静に説明してもまったく話し合いになりません。
ここまででおさまればいいのですが,話し合いにならないから一度電話を切ってお互い冷静になろうと提案して電話を切っても,その後何十回と電話がかかってきて,さらにはLINEで「勝手に電話切ってお前は何様だ!」「すべてお前が原因だろうが!」「ふざけんな!人として最低、終わってる」「もし繋がらなかったら会社に電話してやる!なめんなよまじで」「お前のせいでこっちも寝れんのわからんのか!まじくそだな」「今までの労力と時間と金全部返せ!」といった内容の文面が立て続けに入ってきて恐怖を感じたこともあります。
実際にそれで会社の携帯へも連絡が入ってきたこともあります。
プロポーズ前にも性格面で少し我儘でキツイところはあるのはわかってましたが,プロポーズ後に上記の様な一面が見えてきて,自分としてはなんとか理解して頑張ってきましたが限界に達し,将来に対しての不安から婚約をやめる決断をしました。
私としては普通の常識ある人間がとる行動とは思えず,常識を逸脱しており,この相手と結婚しても幸せになれるとは思えません。
上記が私の考えですが,相手としてはこちらが一方的に破棄しているという認識で慰謝料を請求してきております。(内容証明等の書面では正式に請求されてません)
弁護士に聞いているのかどうかわかりませんが,今回の件は「性格の不一致」ということで正当事由にはならないと。
もし応じないなら内容証明でも,弁護士に依頼して裁判でもやる覚悟はあると言ってきております。
私も困って一度弁護士に相談しましたが,この程度であればカップルの喧嘩の延長のレベルであり,法律的にみて正当事由にはなり難いと言われ,あくまでこちら側に非があるため50万~100万の慰謝料で和解できるよう一度提示されて,もし相手が法外な慰謝料を請求してきたときには正式に(弁護士に)依頼されてはどうでしょうかと言われました。
私が浮気して他の女性と結婚するから婚約を破棄するといった場合なら私が100%悪いので慰謝料も誠意をもって相手と交渉して支払うべきだと思いますが,今回のような場合でも法律的側面からみて私に非があり,慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?
相手方へは今日中に慰謝料の件含めて連絡することになっております。
もし,相談した弁護士の方が言われる事が最良であれば,そのように提案するつもりですが,これ以外に何かアドバイスがありましたらご教授頂きたいと思います。
専門家の皆様,宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、婚約破棄の場合の慰謝料は、離婚よりも少し安く
50万円~200万円と言われております。
当然、双方が合意すれば、婚約の解消は可能ですが、一方的となると慰謝料が発生することも
ございます。
夫婦・男女問題と言うのは、法律的にこうだからと押し切られる問題ではなく
やはり感情と感情のぶつかり合いとなりますので、もめて長引くこともございます。
特に、女性は、精神的にもダメージを受けやすいので、いつまでもつきまとわれることも
ございます。
その場合、ストーカー規制法違反の問題もありますが、ストーカーが女性側と男性側では
警察の対応の温度差もあるので、あまり期待できない部分はあります。
そう言う意味では、性格の不一致でお互い様と言うことであっても
相手が納得しないといつまでもつきまとわれ、逆にご相談者様に新しい恋人が
婚約解消後に現れても、もともと不貞行為があったと騒がれて厄介なことも多くあるようです。
そう言う意味では、婚約解消も条件等を公正証書で作成しておくべきでしょう。
公正証書にすると、時効をまたずに、これ以外に双方に債権債務はありませんと言う
清算条項が入るので安心です。後で慰謝料の請求を追加では出来ません。
それと、ご相談者様に非が無い場合でも、トラブルを避けるためにあえて和解金を
出す場合があります。慰謝料と言うマイナスのものではなく、将来的なトラブルをさけるための
積極的に出す和解金(解決金)と考えても良いでしょう。
解決金と言う考え方は法的に義務ではないのですが、男女問題の今後を考えると
良い方法かもしれません。
婚約破棄は、家庭裁判所の調停の申立もございますので、長引かせるのは得策では
無いかもしれません。
また、彼女の性格や精神状態に問題があれば、相手のご両親様にもご確認はすべきです。
ご両親様が理解していれば、スムーズに進む場合もございます。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問