JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2303
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

夫は赤紙で招集され中国の激戦地から生還できました。軍人恩給の受給資格12年に4ヶ月足りませんが、県の職員の判断違いで

質問者の質問

夫は赤紙で招集され中国の激戦地から生還できました。軍人恩給の受給資格12年に4ヶ月足りませんが、県の職員の判断違いで、早い時期に届け出て恩給法の正をすべき事例でした。国はその請求権を止めてしまいました。周りのアドバイスは県に4ヶ月の不足を認めてもらい、受給申請書を満たすように言いますが、県職員は責任回避で話がつきません。夫は敗戦前に軍の命令で帰還して、軍需工場に8ヶ月敗戦まで働いていました。県の職員の対応について困惑しています。どうしたらよいとお考えですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご質問ありがとございます。

行政書士です。

よろしくお願い致します。

恩給制度についてこちらでもお調べしてみました。

総務省では、在職年の計算にあたって

実際の勤務期間である「実在職年」と勤務態様に応じて設けられた「加算年」とを合計したものである。
※「加算年」は、戦地での勤務等特殊な勤務に服した場合に、その期間を割増しして評価するため設けられたもの。戦地勤務の場合、1月につき最高3月を加算。

との見解がございました。

激戦地での勤務は「加算年」が認定され得ると思いますので、激戦地での勤務期間をお調べになって、下記の総務省のご相談窓口でご相談してみてください。

恩給相談専用電話 03-5273-1400

いかがでしょうか?

法律 についての関連する質問