JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

建築基準法に基づいて建てられる建物の北側の住宅で、1階リビングに一日中日が入らないのですが、建築主に対して訴えられる

解決済みの質問:

建築基準法に基づいて建てられる建物の北側の住宅で、1階リビングに一日中日が入らないのですが、建築主に対して訴えられるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

 日照権に基づく建築差し止めについては非常に難しい問題です。建築確認が既に下りているのであれば建築自体は適法な可能性が高いです。ただし,建築確認と民事上の日照権の侵害については別の問題なので,建築確認済みであっても差し止めが認められる可能性はあります。ただ,最終的には裁判所の判断なのでどちらに転ぶかは分かりません。まずは設計者に設計変更を要求して,もし対応してもらえないようであれば,建築差し止めの仮処分の申し立てをして,更に建築差し止めを求める訴訟を提起することになるでしょう。ただし,仮処分の申し立てには建築費用の30%程度の金額を担保として裁判所に預ける必要があります。ご自分でこの手続きを進めるのは非常に困難です。そうすると弁護士に依頼することになるので弁護士費用もかかります。不明点あれば補足します。

Customer: 建築主の誠意は期待出来ますか?
tkom :

 誠意というのは設計変更するということでしょうか?建築主次第でしょうが,建築確認が下りているのであれば任意で変更にはまず応じてくれないでしょう。裁判で決着をつけることになりそうです。ただし,建築確認そのものが誤っている可能性もなくはないので役所の建築確認を管轄する部署に問い合わせてみることも考えられます。

tkomをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問