JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

遺産相続についての質問です。 財産が預貯金のみ、1000万円 相続人が子供3人 長男に 600万円 次男に

質問者の質問

遺産相続についての質問です。
財産が預貯金のみ、1000万円
相続人が子供3人
長男に 600万円
次男に 100万円
三男に 300万円
相続させたいと思っています。
長男が多いのは同居して生活の面倒をみてくれていた為。
次男が少ないのは10年前に200万円の生前贈与をしている為です。
次男の金額は遺留分より少なくなりますが法律的に大丈夫でしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
Customer:

質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。大丈夫です。問題ありません。今回のケースですと、次男は生前贈与を受けていますので、特別受益分の計算をしなければなりません。相続時の財産は預貯金の1000万円に生前贈与分の200万円を加えることになりますので、1200万円です。次男の相続分は1200万を3分割して400万円、そして生前贈与分の200万円を引いて200万円となります。遺留分は相続分の2分の1ですから、次男の遺留分は100万円となります。したがって質問者様が相続させようとしている金額は次男の遺留分の範囲内です。よって、質問者様が考えておられる配分で相続させても問題ありません。

Customer:

回答に関して不明な点がありましたら補足しますので、評価の前に返信してください。回答が参考になりましたら評価をお願いします。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

遺言書の書き方としては

次男に100万円を相続させる。三男より少ないのは200万を生前贈与している為である。

という書き方で大丈夫でしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
そうですね。その書き方でいいでしょう。次男に生前贈与していることをきちんと記しておくと良いですね。

法律 についての関連する質問