JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

平成21年6月に知人へ50万円貸して、その際、借用書は作成してもらい一年以内に返済とされていたのに、なかなか返して貰

解決済みの質問:

平成21年6月に知人へ50万円貸して、その際、借用書は作成してもらい一年以内に返済とされていたのに、なかなか返して貰えません。
返済要求はその知人の携帯へして、何度か請求はしていますが、最近ではその携帯へも出てもらえません。
少額訴訟を知り手続き取れて請求出来ればと思いました。
年数ももう6年前になるのですがまだ請求できるのでしょうか?
また、詳しい手続き方法も教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。
また、もう一点、甥っ子が数年前、悪質業者に銀行口座を売ってしまい、そのことが行政に知られ、
彼の給与振込の農協口座がストップされてしまいました。
農協口座には30万入っているようです。
この件について、銀行からも叱責を受け、彼も反省しているのですが、農協はストップをしたままで
取り扱って貰えないとのことです。
この場合も、農協相手に少額訴訟行うこと出来るのでありましょうか?
合わせて回答頂きたくお願い致します。
大和市  福島仁志
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

 まず,50万円の貸金についてですが,個人として知人に貸していたのですよね?個人間の貸金取引であれば,消滅時効は返済期限から10年です。ですからまだ請求して支払をうけることができます。利息の定めをしていなければ,年5%の割合(年5万円なので30万円弱程度)で利息・遅延損害金を請求することもできます。60万円以下の金銭請求については少額訴訟として裁判所に申し立てることになります。どこに申し立てるかですが,もし貸金の返済場所について特に規定がなければご相談者様の住所を管轄する簡易裁判所です。申立書の書き方,添付書類については裁判所の窓口に行って聞けば教えてくれます。提出するのは一般的に訴状,収入印紙(5000円程度),郵便切手(4000円程度),証拠書類(借用書など)です。持参又は郵送での提出となります。手続の流れですが,①訴状提出 ②審理期日の連絡 ③答弁書の提出(相手の反論です) ④法廷で審理(30分~2時間程度) ⑤判決 注意したいのは,判決を取っても相手方が支払いしない場合には強制執行の手続きを取るしかありません。あと,相手が通常訴訟を希望すれば通常訴訟に移行してしまいます。 次に農協の口座の件ですが,口座の売買は犯罪行為です。詐欺行為の共犯として罪を問われる可能性もあります。社会的な信用も失います。残念ながら農協相手に少額訴訟を提起したとしても凍結は解除できません。不明点あれば補足します。

Customer:

返答ありがとうございました。

Customer:

返答ありがとうございました。参考致します。

tkomをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問