JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

自転車の飲酒運転について質問があります。 自転車に股がらずペダルに脚を乗せたままケンケンの状態で自転車を押して

質問者の質問

自転車の飲酒運転について質問があります。
自転車に股がらずペダルに脚を乗せたままケンケンの状態で自転車を押している状態は飲酒運転になるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

 自転車に跨っていなくともペダルに脚を乗せてケンケンしている状態では押しているとは言えないでしょう。道交法2条3項に「この法律(道交法のこと)の規定の適用については、次に掲げる者は、歩行者とする。
1 身体障害者用の車いす、歩行補助車等又は小児用の車を通行させている者
2 次条(3条の自動車の種類のこと)の大型自動二輪車若しくは普通自動二輪車、二輪の原動機付自転車又は二輪若しくは三輪の自転車(これらの車両で側車付きのもの及び他の車両を牽引しているものを除く。)を押して歩いている者 」

JACUSTOMER-ly65ey7w- :

飲酒運転として罪に問われますか?

tkom :

 最近の社会情勢から飲酒運転については厳しく見られますので飲酒運転とみなされる可能性はあるでしょう。その状況で事故を起こしたりすればその可能性はなおさら高まります。かなりグレーなケースであると思われますのではっきり断言はできませんが。

JACUSTOMER-ly65ey7w- :

ペダルに脚を乗せてケンケンしている状態なので酒気帯びぐらいなので事故の確率は低いと思います。

tkom :

 飲酒運転の程度には酒気帯びと酒酔い運転の2ランクがあります。酒酔い運転の方が程度が重いのですが,自転車での酒気帯び運転は刑法で刑事罰の対象になっていません。なので酒気帯びであれば罪に問われません。ただし,警察官から注意されたりということはありえます。

tkom :

酒酔いというのはアルコール濃度が血液1ml中0.3mgまたは呼気1リットル中0.15ml以上です。酒気帯びとは,酒酔い状態ではないが,酒に酔った状態=アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態です。

JACUSTOMER-ly65ey7w- :

良く理解できました。お忙しい中、大変ありがとうございました。

tkomをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
すみません,酒酔いと酒気帯びの定義を逆に入力しておりました。
正しくは
酒気帯び・・・アルコール濃度が血液1ml中0.3mgまたは呼気1リットル中0.15ml以上(酒に酔った状態であるかどうかは関係ありません。呼気1リットル中0.15ml以上0.25未満と0.25ml以上の場合で罰則の重さが異なります。)
酒酔い・・・酒に酔った状態=アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態
です。
酒気帯びが刑事罰の対象になっていないのは間違いありません。ただし,法律上自転車の酒気帯び運転も禁止はされているので警察官から注意を受けたりするということです。

法律 についての関連する質問