JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

平成22年11月2日 親戚が夫の父の後見開始申し立てをしたらしいです。

解決済みの質問:

平成22年11月2日 親戚が夫の父の後見開始申し立てをしたらしいです。
司法書士から親戚宛¥83240の請求書と振込のコピー有
平成24年7月18日 高知県の施設に入っていた夫の父 死去
平成25年10月18日 親戚(後見人)が、高知県の田畑を、夫の父から夫に名義変更
¥59495の領収書のコピー有
[昨年秋には、夫の父の土地を、親戚(後見人)の名義に変更するよう司法書士から書類が届いていましたが、事情が分からないので、無視していました。なぜ今頃なのかもわかりません。]
平成27年1月6日 上記の金額を2週間以内に支払う様、配達証明が届く
(夫の父との約束で土地は、親戚(後見人)がもらうことになっていたが、手続きしないなら、もういらない。手続きにかかったお金を払えとのこと)
私たちは、大阪在住で後見人のことも、名義変更の事も聞いていませんが、この請求を支払うべきですか?(後見人なら、夫の父の通帳から支払たのではないでしょか。)
また、夫は認知症です。夫には妹がいましたが、昨年亡くなりました。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom : いくつか確認させて下さい。親戚というのは夫の父とどういう関係ですか?この親戚が夫の父の後見人に家裁から選任されているということですか?
Customer: 親戚は、夫のいとこだそうです。夫の父の兄の子です。
Customer: 夫のいとこだそうです。
Customer: 後見人については、どの様な手続きが必要かわかりません。司法書士からの請求書と振込のコピーがあるだけです。家裁に届けるのですか?
tkom :

 後見人は成年後見申立を受けて家裁が選任します。もし後見人にそのいとこが選任されていた事実があるのであれば選任審判書や後見登記事項証明書があるはずなので,それらの書類で本当に後見人だったのか確認できます。いとこに要求しましょう。あと解せないのが,なぜ夫の父から夫に土地の名義変更をいとこ(後見人)が勝手に行ったのか,夫の父からいとこ(後見人)に名義変更するよう司法書士から書類が届いた(いとこが土地を夫の父からもらうことになっていた)ということです。後見人が選任されているのであれば不動産の処分をする際には通常家裁の判断を仰ぎます。よく事実関係を確認したうえで金銭の請求には対応した方がいいです。特に本当にいとこが後見人に選任されているのかどうかです。

Customer: 選任審判書や後見登記事項証明書は、いとこが持ってるのでしょうか?家裁で請求するのでしょうか?
tkom :

 いとこが持っているはずです。もしないと言われたら家裁に確認するしかないです。後見申立をした家裁がどこかをいとこに教えてもらいましょう。

Customer: 後見人を立ててたら、夫の父の土地をいとこに名義変更するのか、夫に名義変更するのかは、家裁からの判断書の様なものがあるのですね?
Customer: 後見人は、通帳、預金を引き出すことができるのですか?後見人の業務は何でしょう?
tkom :

 まず,いとこが後見人に選任されていたのであれば,本人(夫の父)の土地を後見人(いとこ)に名義変更することはまずできません。後見人というのは本人のいわば代理人なので本人のために動きます。ですから,本人の土地を後見人に名義変更する(後見人が利益を受ける)という行為は本人と後見人の利益相反行為となります。利益相反行為を家裁が認めるとは到底考えられません。あと,夫に名義変更(おそらく相続だと思います)するのはあくまで夫本人(認知症で判断能力がなければ後見人)が行うべきで,夫の父もいとこも関係ありません。いとこが後見人だったとしてもです。このように夫の父の土地をいとこに名義変更するとか夫に名義変更するというのは非常に不可解です。 後見人の業務についてですが,一般的には,財産管理(通帳,現金,不動産等)と身上監護(契約行為の代理等)です。ただし,これはあくまで本人のために行う行為ですから理由もないのに本人の財産を後見人が費消すればそれは横領(犯罪)になります。後見人は定期的(通常年1回)家裁に業務報告をする義務がありますから横領しても大抵発覚します。このように,後見人は,本人の預金を引き出すことができますが,自由に使えるわけではないです。

Customer: では、とりあえず、選任審判書や後見登記事項証明書、土地を夫に名義変更した経緯と必要書類のコピーを貰えばいいですね?普通にハガキで依頼していいですね?
tkom :

 そうですね。まずは普通郵便でも構わないと思います。根拠となる書類も提示してもらい,きちんとした説明を求めましょう。先方から書類のコピーが出てこなければ名義変更や金銭の支払も応じる必要はないと考えます。

Customer: ありがとうございます。
tkom :

いえいえ,もし,書類が出てきて内容が分からなければ役所主催の無料相談でも構いませんから専門家(弁護士や司法書士)に見てもらいましょう。あと,最後に一点だけ,万が一本件について裁判所から書類(訴状など)が届いたら決して無視しないで下さい,専門家に見てもらって下さい。裁判所からの書類だけは無視すると相手の主張が全面的に認められてしまうことになりませんのでご注意下さい。

Customer: 了解しました。
tkomをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問