JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2228
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

遺言書が有れば、遺産分割協議書を作成しなくていいのでしょうか

質問者の質問

遺言書が有れば、遺産分割協議書を作成しなくていいのでしょうか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
Customer: 質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。遺言書があれば原則としてその遺言書の内容が優先されます。しかし、例えば遺言書の内容が相続人のうちの1人に財産を与えるという内容の場合、相続人全員の同意があれば遺産分割協議をすることができます。ただ、遺言書の内容が相続人以外の者に財産を与えるという内容であれば、相続人全員に同意があっても
Customer: 遺産分割協議はできません。
Customer: つまり、遺言書がある場合は基本的に遺産分割協議書を作成する必要はありませんが、例外として遺言書の内容が相続人のうちの1人に財産を与えるという内容の場合に相続人全員の同意がある場合に遺産分割協議ができる、と理解すればいいでしょう。
Customer: 回答に関して不明な点がありましたら補足しますので、評価の前に返信してください。回答が参考になりましたら評価をお願いします。
Customer: 回答を閲覧後は返信または評価をお願いします。
質問者 :

遺言書の内容が相続人のうちの1人に財産を与えるという内容の場合、相続人全員の同意があれば遺産分割協議をすることができます

質問者 :

上記の文章ですが、合意が有れば、遺産分割協議をすることができるとありますが、遺産分割協議をしなくてもいいのでしょうか

質問者 :

被相続人の意思により、配偶者にである、相続人に自宅の土地を与える、その他の財産全てを子一名の相続人に与える。とした場合。

質問者 :

他の相続人(財産を全て受ける相続人の兄弟)の承諾なしに銀行預金、土地の名義変更を進めても構わないのでしょうか

Customer:

遺産分割協議は原則必要ありません。

Customer:

配偶者と子の一人に財産を与えるという内容の場合、他の相続人の承諾は入りません。ただし、子どもには遺留分という取り分が保証されています。その遺留分を主張されると、その分を渡さなければならなくなりますので、結局はすべての相続人を交えて一度話し合ったほうが後でトラブルになるのを避けられます。

Customer:

日を置いてからの再質問をして、回答が遅いからといってマイナス評価をした場合、今後は回答いたしませんので、ご了承ください。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

大変申し訳ありません、「より詳しい回答を期待したい」がマイナス評価とは、思いませんでした。

当サイトの使用に初心者なので内容を理解していませんでした。

回答が遅いからではありません。再度の評価出来るよう事務局に問い合わせを致します。

大変申し訳りませんでした。また、頂いた回答には大変感謝しています。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
大丈夫です。気になさらないでください。再度の評価はすることができます。何の理由もなくマイナス評価をされると回答する意欲を失ってしまうので、少し待ってから評価していただきたかったのです。回答が参考になりましたら再度の評価をしていただけると助かります。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

遺産分割協議を行うために準備するものは、被相続人の資産、負債の集計以外に何か必要なものはありますか、

また、相続人が夫(一般人)に全権を委任するとした場合には、遺産分割協議に参加し、発言をする事は出来るのでしょうか、

代理交渉権というものがあるのは、弁護士だけと聞いた事が有ります。

※回答有難うございます。初回の質問の確認は、私の都合で遅くなってしまっていたんです。少し待ってから評価をス他方が良いのですね、了解しました。

当初の質問も「遺言書が有れば、遺産分割協議書を作成しなくていいのでしょうか 」と一文だけなのに回答いただいたことを感謝しています。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
再度の評価をありがとうございます。
>遺産分割協議を行うために準備するものは、被相続人の資産、負債の集計以外に何か必要なものはありますか
→遺産分割協議に必要なことは、被相続人の財産(資産と負債)を確認しておけば十分です。
>代理交渉権というものがあるのは、弁護士だけと聞いた事が有ります。
→確かに代理交渉権があるのは弁護士のみです。しかし、それは報酬をもらって仕事とする場合です。
無償で行う分にはだれが代理人でも構いません。したがって夫に委任して遺産分割協議に参加してもらうことに差し支えはありません。

法律 についての関連する質問