JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

今主人と離婚協議中です。持家があるのですが、建築資金に主人のお父様から贈与された1000万円のうち500万円を返せと

解決済みの質問:

今主人と離婚協議中です。持家があるのですが、建築資金に主人のお父様から贈与された1000万円のうち500万円を返せと言われています。私はパートで年収100万未満です。主人は年収500万未満です。2人の子どもの親権は私にしています。500万円はやはり返さないといけないんでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

 離婚時の財産分与については確かに夫妻で折半ですが,既に贈与を受けた金銭を返す必要はありません。法律上そんな義務はないです。それに財産分与と子供の処遇は別の問題なので子供を置いて出て行けというのも法律上は理由がないです。持ち家の登記簿上の所有者はどなたになっていますか?

Customer:

そうですか。わかりました。持家は主人一人の名義です。

Customer:

主人は主人で弁護士に確認したら贈与分を取り戻せるといわれたようです。

tkom :

 残りの建築資金もご主人が出してますか?

Customer:

主人の名義でローンを組んでいます。私はローンを組める収入がないので、主人名義です。

Customer:

家を売却した場合、売却額が残債に満たない場合、住宅ローンの残債を折半するのも仕方のない事ですか?

tkom :

そうするとそもそも贈与を受けているのはご主人であって,奥様ではないようですからご主人のお父様に500万円を返す理由がないですね。弁護士がどういう理由で贈与分を取り返せるといったのか分かりません。奥様は住宅ローンの保証人になっていますか?家を売却してもローンが残ってしまう場合で,保証人になっていなければ残債を負担する必要はありません。保証人になっているとしても折半で負担するわけではないですが,ご主人が支払い不能になったときに請求される可能性はあります。

Customer:

夜また主人と話します。私の方から、性格の不一致・性的不調和・私の体調不良(蕁麻疹・寝不足・メニエル病)・精神的暴力(私としては)の理由で離婚を言い出しました。主人としては寝耳に水で、怒り心頭で、そんな状態なのに離婚にも親権にも同意しているのに、主人の言い分は通らないと苛立っています。

Customer:

明日また連絡させていただきます。費用をお支払できるように、ご協力よろしくお願いします。

Customer:

ちなみに、主人のお父様はなくなっています。

tkom :

 かしこまりました。

tkom :

 500万円支払いの根拠はご主人に確認した方がいいと思います。ご連絡お待ちしております。

Customer:

父親に申し訳ないかららしいです。笑えます。。。

Customer:

たびたびすみません。

Customer:

わたしが先ほど挙げました離婚原因で離婚できますよね?主人は不倫とかギャンブルとか暴力とか決定的な理由がないと離婚できないといっています。  行政書士の資格をもっているため、頭が固く、自己主張が強く、手ごわいです。。。

tkom :

 協議離婚であれば離婚届に双方署名捺印すればいいんですが,相手が離婚を認めず,協議も調停も成立せずに裁判に移行した場合には法定離婚原因が必要です。法定離婚原因とは,不貞行為,悪意の遺棄,3年以上行方不明,相手の回復の見込みのない精神病,婚姻を継続し難い重大な事由のいずれかに該当している必要があります。ご相談のケースでは,婚姻を継続し難い重大な事由に該当するかが問題になりますが,個々の事情により裁判官が判断しますから何とも言えません。ただ,性格の不一致,精神的不調和,精神的暴力は該当するのではないかと思われます。

Customer:

たびたびですが、よろしくお願いします。財産分与するもの、しなくていいものの種類(例えば、貯金・車のローン・携帯のローンなど)を教えてください。また、一度お支払していしまうとご相談できないのでしょうか?

tkom :

 プラスの財産は全て財産分与の対象となります。マイナスの財産については夫婦の生活に必要なものについては分与するのが望ましいです。ただ,個々の事情によって判断することになるので一概にはいえません。基本的には1つの質問に対する回答に対して評価していただきます。評価していただいた後は新たに別の質問を立てていただくことになります。

Customer:

昨日主人に聞きました。主人は、贈与分は財産分与にならないのは知っていたのですが、その、財産分与にならない主人個人のものなのに、夫婦の意向で住宅資金にしたこと、その時に主人は1000万、私は0なのに、0の私が離婚を言い出したこと。主人が出した1000万がなかったら、家を建てられなかったこと。これらのことで、半分は主人の責任、半分は私の責任というわけで、半分の500万を払えということらしいです。

tkom :

 財産分与はあくまで現存する財産を分け合う制度で,住宅を購入するのにいくらかかったのか,資金の負担割合は関係ありません。あくまで住宅の現在の価値で考えます。とにかく500万円の請求には理由がないので払う必要はないです。当事者同士での話し合いでは結論がでないのであれば裁判所に離婚調停を申し立てて,第三者を間に入れて話し合うしかないでしょう。

tkomをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問