JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2493
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

工事現場で外壁吹き付け工事を行いました。足場材に塗料が付着し、足場会社から弁償金を 請求されました。 罪悪感と責

解決済みの質問:

工事現場で外壁吹き付け工事を行いました。足場材に塗料が付着し、足場会社から弁償金を
請求されました。
罪悪感と責任感を感じてはいますが弁償しなくてはいけないのでしょか。
私は下請け業者です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
>罪悪感と責任感を感じてはいますが弁償しなくてはいけないのでしょか。
足場会社はリース会社から部材を原状回復(元の状態に戻すこと)をする義務があります。
ご相談者様の会社の作業によってそれが難しくなったという事ですから、
ご相談者様としては原状回復をするか、その分の賠償金を支払うかの二択となるでしょう。
後者を選択した場合で金額に納得が行かないのであれば、作業を代行してくる業者を探して
お願いするという手もあるかと思います。
年度末で書き入れ時でしょうから、その分お仕事に専念されるほうがよろしいかもしれませんね。
足場会社の足場材について、リース会社とは無関係ですが、
やはりご相談者様の会社の作業中の塗料によるものと考えられますので、
原状回復を請求された場合は応じるべきでしょう。
方法については上記を同じです。
いかがでしょうか?
回答が不十分でしたら、ご評価頂く前に、返信にてご質問ください。
回答問題ないようでしたら、回答を承諾して評価頂ければ幸いです。
評価頂く事で、専門家に報酬が支払われるシステムとなっております。
それではよろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうござ近くました。

足場は塗装だけの足場じゃなく建設会社が元請けで15階建ての新設工事で他の業者も使用しています。吹き付け塗装で足場に飛散はさけれません。足場を汚すなと工事前の指示もありませんでした。責任感はもちろんありますが、すべて私のところが悪く指摘されました。30年間で初めての事で納得しきれないところがあるのが正直な気持ちです金額的にも100万近くなります。それでも私達下請け業者がかぶらなければいけないのでしょうか。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
なるほど、そのような事情や商習慣があり、ご相談者様としても足場の件は納得しかねるところがあるというところですね?
かしこまりました。
そういう事であれば頂いた事情や商習慣を下に、
法的にはどのような判断になるのかをご説明致します。
反論材料にご参考頂ければと思います。
先方の損害賠償請求の根拠は債務不履行による損害賠償請求か不法行為による損害賠償請求になります。
債務不履行について、ご相談者様の会社は「塗装」が債務であり、そちらは作業完了していると思われます。
また足場の汚れ等はに注意するような特別な指示もない訳ですから、そちらはそもそも債務ではありませんので、こちらは請求の根拠がなく、請求される理由がありません。
一方不法行為による損害賠償請求については、
ご相談者様の会社の
故意(わざと行う事)
過失(注意すべきで義務があったのにそれを怠った事)
相手会社に損害が発生している事
の3点について、相手方が証明する必要があります。
「故意」については、
こちらはわざと汚そうと思って汚すような真似は一般人であればしません。
まして相手方も作業の特性上、塗装作業で汚れる事が想定できる訳です
故意はないといえるでしょう。
「過失」については
特に足場の汚れについて注意もなかった事ですし、前述のような商習慣がある訳ですから、
やはり過失もないでしょう。
「損害」についても、
足場は繰り返し使われるものですし、汚れがあるからといって使用できなくなるというものでもありません。
仮にリース会社からリースしていたとか、今後転売する予定だったのであれば、その事情をご相談者側に説明して注意を促すべきです。
であるのに、それがなかったという相手方の落ち度もあります。
それがないのですから、そのような事情があったとしてもその責任をご相談者様に問うのは筋違いです。
結果、商習慣上、足場として使用できなくなっている訳ではないのですから、
実損害は発生していないと考えてよろしいでしょう。
よって、ご相談者様の会社が元請会社の足場について損害を賠償する責任はないと考えます。
説明不十分でしたら、補足いたしますので、ご返信ください。
以上よろしくお願い致します。
dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご評価頂きありがとうございます。
交渉頑張ってください。
ご相談者様のご多幸を祈念しております。
ありがとうございました。
質問者: 返答済み 2 年 前.

前回の回答有難うございました。その後の状況ですが、結局元請け会社からはお金は渡すな、物品も絶対渡すなと言われました。足場会社からはとにかく塗料をおとしてくれと言われ、ごたごた事にならないようにと、おとしに行くことになったのですが、結局、4,5人ですでに3日目になります。次の工事にもかかれません。こんな汚れた足場材を現場には使えないと言われ、リースをするからリース代は支払ってもらうと言われ、なおかつその間も塗料も落とせと言われました。このままだといつまで続くかもわからずその間収入ありません。どうすればいいのかもわかりません。地元の弁護事務所に相談に行ったほうがいいのでしょうか。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

だいぶ揉めているようですね。
相手方は元請という立場を利用して、不当に権利を主張しているものと思われます。
こちらではフォローしきれないと思われますので、
おっしゃる通り地元の弁護士さんに交渉をお願いすべきと考えます。

法テラスに電話で「下請作業で元請会社から不当な扱いを受けているが交渉分野に強い弁護士をご紹介頂きたい。」とご相談いただくとよろしいです。

法テラス
0570-078-374
平日9:00~21:00
土曜日9:00~17:00

頑張ってください!

法律 についての関連する質問