JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1100
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

アルバイト従業員解雇について相談です。私は、ラーメン店を経営している会社の管理職です。アルバイト従業員(男性)ですが

解決済みの質問:

アルバイト従業員解雇について相談です。私は、ラーメン店を経営している会社の管理職です。アルバイト従業員(男性)ですが、感情的になりキレて暴言を吐くために、解雇しました。本人は納得いかないので、昨日話し合いの場を設けましたが、2時間待っても来ませんでしたが、本日電話で解雇予告通知をくれと言われました。話し合いにも応じない人に、解雇予告通知を出す必要があるのでしょうか?お教え下さい。**

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

解雇予告については口頭でも構わないことになっております。書面を交付しなければいけない義務はありません。したがって、解雇予告通知でしたら出す義務はありません。

ただし、今後、もし、解雇した労働者が解雇予告通知ではなく解雇理由証明書を希望したときは交付しなければいけないことになっています。これは労働基準法で定められているので、話し合いに来なかったとしても交付義務があります。
●労働基準法22条
労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。
質問者: 返答済み 2 年 前.

従業員と店長とのやり取りです。店長「やる気ありますか」従業員「ありません」店長「辞めますか?」従業員「店長決めて下さい」店長「では辞めて下さい」と言うやり取りが12月26日にありました。一旦辞めることを了承しています。でもその後、不当解雇と言い出したのですが、これでも解雇理由証明書が必要ですか?

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。

解雇であれば解雇理由証明書は必要で、話し合いの場を設定したにも関わらず来なかったことは解雇理由証明書を交付しなくても良い理由とはなりません。また、店長に対する言葉で適切ではない部分があっても解雇であれば必要となります。解雇でなければ解雇理由証明書は交付しなくても良いです。

解雇が有効か無効かの問題となったときに、やる気がないと答えたことなどは使用者側からの主張材料となります。ただ、それは解雇理由証明書を交付しなくて良いということではありません。

上記とはまったく別のことですが、解雇であったのかそうでなかったのかという問題はあると思います。ただ、最初のご投稿で解雇とのご認識でしたので解雇ではないという主張はご投稿内容を読ませて頂いた限りにおいてはやや難しいと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

最後は、「辞めて下さい」と伝えた事で解雇理由証明書は必要ですね。証明書内容として、「雇用契約書に該当する店舗秩序を乱した為」という内容で考えています。質問ですが、この場合「解雇予告手当」を支払う必要が生じますか?お教え下さい。

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。

解雇予告手当については、少なくとも30日前の予告か30日分以上の平均賃金を支払わなければいけないことになっております。即時解雇であれば30日分以上の平均賃金の支払いが必要です。30日前の予告であれば支払いは必要ありません。

解雇予告手当=平均賃金×(30日ー解雇予告期間)での日数)
となります。即時解雇の場合ですと解雇予告期間は0日となりますので30日分以上の支払いが必要です。

ところで、労働基準監督署長の認定を受けた場合は、解雇予告手当を支払わず、労働者を即時に解雇できます。ただし、これは原則して解雇の前に受けておく必要があることと、認められるのは余程の場合です。認められないケースが圧倒的に多いです。ご相談のケースでも認められるのは難しいと思いますが、一度、労働基準監督署へ問い合わせるのも良いと思います。
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問