JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

初めまして。実は退職金についてご相談したく存じます。 12/24に会社が合併すると東証開示があり、同日退職届を提出

解決済みの質問:

初めまして。実は退職金についてご相談したく存じます。
12/24に会社が合併すると東証開示があり、同日退職届を提出。
所属会社は1/31に消滅、2/1に合併新会社設立となります。
私は2/15付退職の運びです。
所属会社消滅と共に退職金規程改定により他の従業員は
会社都合退職での退職金算定となるようですが、
私のみ転籍後二週間で退職のため自己都合での退職金算定のようです。
これは違法ではないのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
>他の従業員は会社都合退職での退職金算定
他の従業員は所属会社消滅と共に退職し、あなたは合併新会社に一旦転籍し、その二週間後に退職するということでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
正確には、
所属会社Aが子会社Bを吸収合併し、商号変更Cし、
新会社Cの退職金規程は元子会社Bの規程に準じます。
その際に支給率が減額されるため、
元A社員はCへの勤務開始から差額分を給与補填されるらしいです。
但し、以上の情報は私が総務部に在籍しているから知り得ただけで、
正式には会社からの説明すらなされていません。
会社としては私がこのまま何も言わなかったら説明をしないつもりのようです。
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
会社合併の事情は分かりました。
ご返信内容と先のご質問にある、他の従業員は会社都合退職での退職金算定、あなたは自己都合での退職金算定とどのような関係があるのでしょうか。
ご質問は会社合併にあたり、労働者への説明なしに退職金規程が変更されることが違法であるか否かということですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
他は1/31時点で会社都合退職での算定、
私は2/15退職ですが1/31時点で、自己都合退職での算定、
という点に理解ができません。
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
他の従業員というのは、あなたと同じ会社Aに所属していた従業員でしょうか。
質問者: 返答済み 2 年 前.
はい。
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
他の従業員も同じく会社Aに所属しているのであれば、2/15に退職するとしても他の従業員と同様に扱われなくてはなりません。
あなたが納得できないのも当然です。
他の従業員と同じ会社都合退職での算定を求めるべきです。
会社がこれに応じない場合は、労働基準監督署に相談されるとよいでしょう。
その際は労働局長による助言・指導制度をご利用ください。
会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご教示頂きありがとうございます。
私の退職理由は実は、かねてより転職活動をしており、
たまたま会社合併の東証開示前日に内定が出、
合併開示がされた数時間後に、退職届を提出しました。
合併による人員整理などが退職理由ではないのですが、
この場合も上記のご教示の通りとなりますでしょうか。
専門家:  remember2012 返答済み 2 年 前.
1/31の時点では他の従業員と同じく会社Aに所属していることになりますので、他の従業員と同じように扱われるべきです。
これが例えば1/15に退職するということであれば、あなただけ自己都合退職での算定でも異議を主張することは難しいと言えます。
remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問