JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2190
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

昔アートメイクを業として行っていて、法に触れると知って、一年ほど前に辞めたのですが、今だにお客さまから、違法を同意の

解決済みの質問:

昔アートメイクを業として行っていて、法に触れると知って、一年ほど前に辞めたのですが、今だにお客さまから、違法を同意の上でやってほしいと言われます。 その中で一人の人にアートメイクをやってしまい、形が気に入らないと言う事で、誠意をみせろと慰謝料を請求されました。金額は言われてないのですが、金額によっては訴える準備もできていると言われどうしたらよいかわからず、とりあえずは、施術料金の返金、交通費のお渡し、誠意30万円用意したのですが、弁護士さんに相談もせず、お渡しして、また追加で要求されないか心配です。 お話は録音するつもりですが、どのように対応したらよろしいですか?追加質問ですが、やはり訴えられると私は警察につかまるんでしょうか?

メールが届きませんでした。すみませんが、もう一度回答を送って頂きたいです。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
弁護士の先生が回答されないようです。
お急ぎとの事で回答致します。
ご存知の通り、アートメイクを業として行うと医師法違反となります。
相手方は「違法を同意の上でやってほしい。」と言ったのであれば医師法違反教唆となり、同罪です。
医師でないものが医業を行うと医師法31条違反で「3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」となります。
教唆犯も同様です。まずこの事実を相手にも認識させましょう。
告訴するのは自由ですが、ご自分も同罪ですよ。という事です。
損害賠償請求については、債務不履行による損害賠償請求となります。
もしご相談者様の施術の追加で対応可能であれば、債務不履行とはなりませんから損害賠償は発生しません。
追加施術での対応が不可能であれば、損害賠償が必要ですが、
施術料金の返金+アートメイク除去施術料金+α(交通費)
などで十分と考えます。
但し、先般申し上げた通り、今回のケースは医師法違反、医師法違反教唆という不法行為が原因になっています。こういう場合は不法原因給付といって支払う必要がないとも言えます。
民法708条
不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。
示談で済ませるのであれば、
・いついつ実施のアートメイクについての示談が成立した旨
・合意した金額と必要であれば内訳など
・本示談以外に両者間においては何らの債権債務のない事を確認し、今後一切の請求をしない旨
・(必要であれば)刑事告訴をしない旨
などを明記して、両者署名押印して持って置くと後日の蒸し返しを防ぐ事ができます。
ただ、相手方も「誠意を見せろ」などと脅迫、恐喝まがいの要求をしていると思われますので、
示談などの判断も含めてこちらのサイトでのフォローではなく、弁護士に対応を依頼される事を強くお勧め致します。
弁護士を探される場合は、法テラスに電話で「施術の損害賠償請求をされているので示談交渉等分野に強い弁護士をご紹介頂きたい。」とご相談いただくとよろしいです。
法テラス
0570-078-374
平日9:00~21:00
土曜日9:00~17:00
いかがでしょうか?
回答不十分でしたら、評価頂く前に、返信にてご質問ください。
回答に問題ないようでしたら、専門家に報酬が支払われますので、回答を承諾して評価頂ければ幸いです。
以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

実はもうすぐ本人がこちらに来るようで、弁護士先生にお願いする時間がございません。何かの為に会話を録音しておこうと思いますが、再度なんらかの請求された時に効果ありますか?

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

そういう事ですね。

では、全部会話を録音しましょう。

ポイントはこちらからは具体的な内容を提案しない。
⇒過度な要求をすれば、恐喝罪や脅迫罪が成立する可能性があります。

違法だと同意の上で、依頼したでしょう?と確認を取っておく、
⇒教唆犯である事の裏付けになります。

あとは、後日弁護士に依頼される事前提ですが、
弁護士の先生からまずは相手の要望を聞くように言われたので、要望を具体的に言って欲しい

それが誠意だと考えています。
と相手に要求してみましょう。

当然全部録音します。

相手も同罪ですから、卑屈にならずに冷静に対応致しましょう。
緊張したら「足の内側をつねる」などすると意外に効果がありますよ。

頑張ってください。

dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

本当にありがとうございました。助かりました。がんばります。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

はい、頑張ってください。

今日のところは、
「良いお返事ができるよう弁護士と相談して後日連絡致します。」
と言って帰してしまってよろしいです。

ご評価頂きありがとうございました。

以上よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問