JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

相続の事で困っています

解決済みの質問:

相続の事で困っています
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
ご質問者様は、その遺言書が有効であると考えており、その通り実行されたいと考えているということでよろしいでしょうか?
この場合ですと、ご質問者様の立場としては、有効な遺言書があるということで、その遺言の内容が成立しているという前提で、名義変更や預貯金の払い出しなどの手続きを淡々と行うことが考えられます。
法律上は、有効な遺言書がある場合、その時点を持ってすでに権利は移転していますので、これについて、他の相続人の合意などを得る必要はありません。単独で権利行使を行うことができます。
なお、金融機関などによっては、紛争に巻き込まれることを警戒し、他の相続人の承諾書が必要であるといわれる場合もありますので、この場合は個別に対応を検討することになります。追加資料の提出や交渉によって払い戻しを受けられる可能性もありますし、あくまでも他の相続人の承諾書がないと支払わないとつっぱねられる場合もあります。最終的には、当該金融機関に対し、預貯金の名義変更や払い戻しをするように訴訟を行うか、金額によっては、一時放置ということも考えられるでしょう。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

単独での権利行使できるのですか、

相続人全員のが遺産分割協議に署名捺印がないと何も出来ないと聞いていたのですが。

専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
遺産分割協議書というのは、遺言書がない場合や、遺言書はあるもののそれと異なる内容で合意したような場合に作成するものです。
もっとも、遺言書がある場合でも、手続き上便利だったり、当初は問題ないと思っていてもあとからトラブルになることなども考えられるため、念のために作成しておくということはあります。
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
回答にわかりにくい点、不十分な点がありましたら、補足させて頂きますので、なるべく具体的にご指摘下さい。

法律 についての関連する質問