JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

知り合いが人に40万貸して月1万しか返さないらしいんですが、貸した方は月5万返して貰いたいんですが、ある程度、まとま

質問者の質問

知り合いが人に40万貸して月1万しか返さないらしいんですが、貸した方は月5万返して貰いたいんですが、ある程度、まとまった額回収出来るように出来ませんか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
法的に一括請求できるかは、当該貸付の返済に関する合意がどのようになっているかにかかっています。
まず、分割払いの合意をしていて、毎月1万円の支払いとする、等と合意していたならば、こちらが一方的に、一括払とか、返済額を増額することを求めることはできません。
額を変更するには新たに合意し直すしかありませんので、協議する必要があります。
次に、特に返済期限について特別な取決めをしていない場合は、民法591条によって次のようになります。
まず、一括返済求めて下さい。その請求後、一定期間(2週間程度)経過したら、その後は一括請求できます。
法律上一括請求できることを前提に、分割を認めるが、増額せよ、という交渉をしてもいいでしょう。
一括返済できることを主張しても、相手方は、最初から分割に応じていたのだから、当初から分割払いの合意だったなどと主張してくることはあり得るでしょう。このような点で争いになれば、最終的には裁判になってしまいます。裁判では、貸金合意と貸し付けたこと自体はこちらが立証しないといけませんが、分割払いの合意は、相手方が立証する必要があるので、貸付自体が送金記録などで立証できる場合、契約書等がないことは、相手方に不利に働くでしょう。
以上ご検討下さい。
参照条文
民法
(返還の時期)
第591条 当事者が返還の時期を定めなかったときは、貸主は、相当の期間を定めて返還の催告をすることができる。
2 借主は、いつでも返還をすることができる。
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
回答をご参考にされましたら、評価等必要なお手続きをお願いいたします。
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
本サイトは、評価がないと、専門家には報酬が払われない制度になっております。
お手数ですが、回答を参考にされましたら、
回答に対する評価をお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問