JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4870
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

昨日酔っ払い警察署に拘留してしまいました。 暴れたらしく、警察官の手を噛み付いた様です。 家族が迎えに来てそのま

質問者の質問

昨日酔っ払い警察署に拘留してしまいました。
暴れたらしく、警察官の手を噛み付いた様です。
家族が迎えに来てそのまま帰宅できました。
大変反省しています。
財布の保険証や免許証を確認して家族に連絡があった
のだと思います。
会社に今回の件で警察から連絡が入る可能性はありますか?
ご助言して頂けたら幸いです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話しから、どのような経緯で警察に逮捕・拘留されたのかがわかりませんが
単に酔っぱらって保護されただけではないでしょうか?
ご家族様の方で、その説明を警察から受けていないでしょうか?
そうであれば、酔っ払いを保護する訳ですから、それなりの危険はある訳で
労災等で足りることだと思われます。
また、そのことで公務執行妨害は無いと思いますが
仮に、怪我の程度が酷ければ、傷害罪もあり得ますが
傷害罪で刑事告訴される場合は、相手方と示談することで不起訴処分となることが
ほとんどです。
警察官の方に、謝罪に行くなりはしても良いでしょう。
刑事告訴されていなければ、警察から会社に連絡は無いと思いますが
問題は、タクシーの方です。タクシー運転手と何かあったか
あるいは泥酔者としての保護を求めたかはわかりませんが
タクシー運転手が分かるのであれば、示談をしておいた方が無難でしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
先日は質問に答えて頂き、ありがとうございました。
本日、主人に警察から治療費として1万7千円を
支払う様にとの連絡がありました。
私は拘束されるときにあざを手足に作られ、
打撲の症状も未だあります。
主人は要求された金額は支払うと言っています。
先日のお答えでは警官は保護の際の怪我は労災に入っている
との事でしたが、請求されたのならば支払うべきなのでしょうか?
暴れた経緯は、男性警官4人以上に抱えられ、
左手に付けていた高級腕時計を無理矢理外された
からです。
酔っていて、泥棒に取られると恐怖に感じ対抗しました。
沢山の暴言もありました。
今後どのような対応を取れば良いか教えてください
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
治療費を請求されると言うのは、相当の傷害を負わせたのでしょう。
公務災害の場合、地方公務員災害補償基金等から治療費が支払われると思いますが
基本的には、基金から加害者に治療費の請求をされる可能性もあります。
これを求償と言います。
そう言う意味では、支払っても良いかもしれませんが、明細等を要求すべきです。
ただ、ご相談者様も相当酔っていて、もともと、「酒に酔って公衆に迷惑をかける行為の防止法(通称「酔っ払い防止法」)」
違反と言うこともあり、取り押さえられたのは仕方が無いかもしれません。
ただ、必要以上の暴力の行使は問題と言えます。
そこは、傷害罪は、やられっぱなしと言うことはないので
相互に手を出す可能性が高いので、傷害罪には傷害罪で対抗すると言うのはあります。
病院で診察をしてもらって診断書を出してもらって協議はあり得ます。
また、暴言を吐かれていたのであれば、名誉棄損罪もあり得ますが
そうなると、泥酔状態で、なぜそのことを覚えているのか
判断能力があるのに故意に暴行したのではないかと疑われますし
警察に今後、にらまれるようなことはしない方が良いかもしれません。
とりあえず、一度は、お互い様でなしにしませんかと打診しても良いでしょうが
あまり、争うことはしない方が良いかもしれません。

法律 についての関連する質問