JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

わたしは捨てられた犬を保護してあたらしい飼い主探すボランティア団体(何の登録もしていないグループ)に参加してるんです

質問者の質問

わたしは捨てられた犬を保護してあたらしい飼い主探すボランティア団体(何の登録もしていないグループ)に参加してるんですが、その内部のミーティングで内容を録音して、
なんやったら弁護士に提出する!と言われているのです。
2010年当初、団体が始まって、お金も寄付もない頃の話。
代表者の間柴泰子(私)が、「個人事業でやってる「ドナドッグライ
フ」という犬の訓練業の売上はすべて保護活動に使わせていただいております」。っ
ていう表現を当時ブログや口頭でしてたのです、実際全額使っておりました。
が、保護団体も知名度が上がり、フリマの売り上げや寄付なんぞも結構頂けるようになって、2,3年前からもう仕事の売上をつぎ込まなくても運営できるようになり(=訓練業の売
上は自分で確定申告)今に至るのです。
ただ、「売上はすべて保護活動に使っています」と思っている当初の人にいちいち説
明はしておらず、公表もしていません。
それに関して、「横領だ、着服だ、出るとこ出るぞ」という申し立てなのです。
・犬の訓練という目的で支払われており、領収書も「寄付金」としてではない
(不要という方には領収書を切っていないときもある)
・顧客も訓練という対価を受けているのだから、売上は売上である
・騙す意志など全くない
・おつりを「寄付で」と返してくれる場合もあるが、会計は別にしていなかった
(今では完全に別経理)
この内容で訴訟に持ち込まれる事があるのでしょうか?
そして、その話しを私の雇われている職場(言っている人は今もこの職場の顧客)に言いふらすと言っています。
その場合、阻止をさせることなどはできるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ご不明の部分もございますが、分かる範囲でご回答致します。
まず、ご相談者様のボランティア団体は、捨て犬の飼い主を見つけることを目的と
しているのだと思いますが
その手のボランティアやNPO法人は持出しも多いとは思いますが
それと、ご相談者様の個人事業との関係がわかりませんが
ボランティアの中で無償で犬の訓練をしていたのが、有料にしたと言うことでしょうか。
ボランティアの名を借りて自分の仕事をしていると言う指摘なのでしょうか?
そのような批判をしている方が、何を問題としているかが不明ですが
要は、ご相談者様を詐欺罪等で訴えると言うことでしょうか?
日本の場合は、詐欺罪での立証が難しく、当初から騙す意思がないと詐欺罪は成立しません。
それとも、ボランティアのお金である売り上げを、ご相談者様が横領したと言うこと
なのでしょうか?
ボランティアの売り上げを保護活動にすべて使うと言うのと、ご相談者様の事業は別と思いますが
当然、ご相談者様も生活がある訳で、個人の仕事の売り上げをすべてボランティアに
使うのは無理でしょう。
仮に、横領罪の場合は、被害者に返金することで示談して、不起訴処分になると言うのはあります。
逆に、そのことを雇われている職場に言うことで、ご相談者様の社会的な信用を失わせるのであれば
名誉棄損罪もあり得ます。
名誉棄損罪は、公然と不特定多数の前で、事実を指摘してご相談者様を誹謗中傷して
ご相談者様の社会的信用を棄損した場合に成立します。
それと、ボランティア活動は無償と言う考えは、日本人には多いですが
有償ボランティアも当たり前になっています。
横領もしていないのにそう言うのであれば、名誉棄損罪や虚偽告訴罪で訴えると
主張されても良いでしょう。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問