JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

別れた彼女との間に残した金銭的な問題を解決する妙案を模索しています。(弁護士か司法書士の先生方向け)

解決済みの質問:

今年7月末で彼女(同棲なし)とは連絡を一切断ち、音信不通にしました。

しかし、問題がひとつあります。その問題とは、死んだ母親が買ってくれたという嫁入用箪笥のことです。

以前は、彼女の友人がその箪笥を10年程度預かって(使用して)いたんですが、今年6月頃、その友人が実家に帰省することになり、その箪笥を返すと言ってきました。さあ、箪笥をどうしようかという話になりました。

僕は、実家に住んでいて、実家には置くスペースがあるから、置いてもいいよというと、この提案を拒否。彼女自身のアパートには、置くスペースもないので、僕は、その箪笥を処分するよう提案しました。

すると、彼女は激高して取り乱しました。彼女は、激高したままだと、迷惑電話、迷惑メールを頻繁によこすので、彼女名義でレンタルボックスを借り、そこに保管してあります。彼女と早く縁を切りたかったので、仕方なく僕がお金を払っています。

彼女と音信不通にしてから、ようやく半年が経とうとしていますが、数回着信があっただけで、特に変わった様子もないので、レンタルボックスを解約して、箪笥の件はスッキリさせたいと思っています。しかし、彼女と直接会って話をするのは、また揉めそうな気がして、嫌なんです。  レンタルボックス賃料は諦めますから、この件を終わりにするために、自分でしなければいけないこと、弁護士の先生または司法書士の先生にお願いすべきことを教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ご相談者様と彼女との関係がご不明な点がございますが
分かる範囲でご回答致します。
一つは、彼女と連絡を絶ちとありますが、何か婚約などされていたのでしょうか
嫁入り道具の箪笥の件に、どうしてご相談者様が関わったかですが
また、迷惑メール等の内容にもよりますが
彼女は、別れたくないみたいな反応ではないでしょうか?
いずれにしろ、彼女との関係を清算しないと次に進めない感じもしますが
単に一時的な恋人同士の案件にも思えないのですが、どうでしょうか。
いずれにしても、今回のレンタルボックスの件も含めて、彼女との関係を清算する
ご提案を内容証明でまずはされた方が良いでしょう。
場合によっては、解決金等の支払いもあるでしょう。
内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。
行政書士の先生が比較的お安いです。
相手が、応じない場合は、本来は他人の賃料を支払う義務はないので
不当利得返還請求をすると主張されても良いでしょう。
仮に、ストーカー行為があるのであれば、ストーカー規制法違反で
警察にご相談されても良いでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

supertonton先生、早速のご回答ありがとうございます。
今は、全力疾走で後ろを振り向かず逃げている状態ですので、気が引けますが、元彼女にレンタルボックスの件で内容証明を送ってみようと思います。

関係を清算するにあたり、様々な事件(?)が絡み合って、一気に紐解くのが難しい状況ですが、先にレンタルボックスの件だけ解決させようとするのは、結局事態を難しくさせることになるんでしょうか?

以下、元彼女のこと、私との関係、元彼女の意思の3点についてお話します。次ご回答いただけるときの参考にしていただければ幸いです。

元彼女のことをお話します。、
彼女は、母親が浴室で溺死したのをきっかけに(約10年前に)鬱病がひどくなったみたいでした。父親は既に他界しています。嫁入道具の箪笥=母親の形見という認識のようです。元彼女は婚約解消はありますが、結婚歴はありません。元々仕事の能力(営業&金融)があるので、職探しをすればすぐ決まるのですが、病気のため、仕事が続かず、結局生活保護受給対象になっています。以前は、電話・メールの嫌がらせはありましたが、今はありません。

私と元彼女の関係を少しお話します。
彼女とは、約5年にわたり付き合っておりました。婚約関係があったわけではありません。確かに、先生の仰るように普通の恋人関係ではありませんでした。最初は僕の仕事を元彼女が手伝ってくれたのがきっかけになります。仕事を手伝ってもらっている時に、鬱病と気づいた時点で、縁を切ればよかったのですが、多忙な仕事にかまけて、ズルズルと関係を引きずってしまいました。ハードな仕事のせいで病状が悪化した、補償しろ、という話になった時、多少私にも負い目があったので、一時期生活の面倒を見ました。その間、私の言動で病気が酷くなった、元々は過去の仕事の過労が原因だなどと過去の話を詰め寄られ、裁判する等々の堂々巡りになって5年が過ぎました。喧嘩して僕が押し倒してしまって怪我させたこともありました。僕の不注意で彼女のペットを殺してしまったこともありました。その度に一定期間の生活費支援という形をとってきましたが、様々な事件(?)が絡み合ってなかなか切れませんでした。

私が思う「彼女の意思」についてお話します。
結局のところ、私に依存したいんだと思います。金銭的な意味でも精神的な意味でも。病気に拠るところが大きいと思います。愛情とはまた違います。補償的な意味合いで結婚を迫られたこともありましたが、それはさすがに即座に拒否しました。今でも別れたくないんでしょう、先日クリスマスプレゼントが贈られてきました。

以上、よろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のお話から、やはり、根の深い問題と思われました。
彼女としては、今もご相談者様のことが忘れられないのでしょう。
そう言う意味では、この件が解決しても、また問題をふっかけてくる可能性が大きいと
思われます。
うつ病になっていると、一般的な対応が効かない場合がございます。
ご相談者様としては別れていると言う意識があるのですから
今後は、ストーカー規制法違反での対応をしていうことです。
お話の内容のように、ご相談者様の賃料の支払いは、収入にあたりますから
生活保護の受給額から本当は差し引かれます。
その事実を隠していた場合は、不正受給に問われます。
その辺りをついて、賃料の支払いを辞めることと、箪笥の処分をご提案されても良いでしょう。
ご相談者様が連帯保証人でもない限り、支払いを辞めても法的には何ら問題は
ありません。
プレゼント等も受け取りを拒否して下さい。
出来れば、引っ越しなどして居所をわからないようにした方が良いような案件だと
思われます。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問