JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

お願いします。実は母(83歳)の姉(92歳)が意識はあるんですが脳梗塞と心臓が悪くもう限界です。 姉の夫は3年前に

解決済みの質問:

お願いします。実は母(83歳)の姉(92歳)が意識はあるんですが脳梗塞と心臓が悪くもう限界です。
姉の夫は3年前に他界しました。一人62歳の養女がいます。相談というのはその養女への相続です。現在姉は病院に入院していまして普通に話しはできます。話しがあるというので先日母が見舞いにいきました所、3ヶ所の銀行に分散して8000万円の貯金があるというのです。ただその全額を
養女には相続させたくないと本人は言っています。なぜなら浪費家で最近渡した500万円も服やアクセサリーですぐなくなってしまったとの事です。貯金は母と息子の私、私の弟、わたしの妹、養女の5人で均等に残したいとの事です。ただ養女が銀行の通帳と印鑑を保管しているので本人は全額貰うつもりのようです。というのは母の姉が病院に救急車で搬送され脳梗塞の手術を受けた後、銀行で
全額おろそうとしたようです。ただ本人ではないのでおろせなかったようです。それであわてて弁護士つけたようです。それを知った母の姉は激怒しました。元気になったら養女を籍からはずすとまで言っています。ただ元気で退院できる見込みはほとんどありません。それで本人は遺言状を
書いてみんなに均等に残した貯金を配分したいと書きたいと言っています。もちろん養女にも
分配した分は渡します。ただ病院の8人部屋なので遺言状もなかなか書きにくく本人も体力が
ないため字がかけるかどうかわかりません。今日これから病院にいきます。他に録音とか
スマホのビデオとかとっておいたほうがいいのでしょうか。あと他に方法はあるのでしょうか
よろしくお願いいたます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
遺言は、
前文自筆か、公正証書ではないといけません。
スマホ、ビデオ撮影しても、遺言としての効力はゼロです。
そこで、明日、直ちに近くの公証人役場に連絡して、遺言作成を依頼して下さい。
公証人は出張して、作成してくれます。
ただ、相談しても即日の作成はかなり困難だと思います(が、それでもやるべきです)。
公証人は、事前に遺言内容を作成して、出張した病床で、本人に読み聞かせ署名を求める(代書もできます)ので、少なくとも、遺言内容を事前に作成しなければならないこと、出張日の予定が空いていることが必要だからです。
まず、集められるだけ、ご本人と遺贈(受贈者)したい人の戸籍、住民票を集めて下さい。
その情報を基に作成してくれます。
あと、次善の策として、自筆証書遺言を作成することです。
最低限必要な事項は、
1 遺産の特定(正確でなくてもいいですが、できるだけ詳細に)
2 受贈者の特定(誰に)
3 いくら渡すか
4 日付け
5 署名
6 押印(実印である必要はありませんが、できるだけ実印で)
以上を、全部本人の自筆で書いて下さい。
用紙はどんなものでもかまいません。
取り急ぎ、お答えいたします。
またお時間のあるときに、不明な点があれば質問して下さい。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問