JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2638
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

弁護士について不信感を持つものです。 昨年、7月に弊社に対する未払金の請求を弁護士に依頼しました、 未払い者

質問者の質問

弁護士について不信感を持つものです。
昨年、7月に弊社に対する未払金の請求を弁護士に依頼しました、
未払い者は5名で、総額7000万円ほどです。
着手金を話し合い70万円を40万円とし、顧問料として月4万円となりました。
しかし、顧問料の請求は着ていますし、依頼された書類等を渡していますが、連絡をしても
不在で、電話を依頼しても連絡がない状態です。
このままですと弁護士を変える必要がありますか、ご指導をお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご質問ありがとうございます。

行政書士のdueprocessと申します。

よろしくお願い致します。

現状ではなんとも言えませんが、連絡が取れないというところは不安に感じますよね。

このまま連絡が来ないようであれば、民法645条に基づく、
「委任事務の処理の状況報告」を内容証明郵便等で求めればよろしいかと思います。
・再三連絡をしたが連絡が取れない事
・委任した債権回収について、現在までの進捗と今後の見通しについていついつまでに報告がほしい事
・連絡が取れない場合はしかるべき措置を取る事
あたりを押さえておけばまずはよろしいかと考えます。

ご相談者の会社としましては、債権回収の期限はいつまでを考えていらっしゃるでしょうか?

現在まで回収率が悪い、あるいはまったく回収できていないというようですと、能力にも疑問が出てきます。

顧問料のような場合ですと、言葉は非常に悪いですが、受任者にとっては期間が長引けば長引くほど、得をする仕組みと考えます。あえて引き伸ばすという方向にインセンティブが働き兼ねません。

しかしながら、ご存知の通り、債権は消滅時効の問題がありますから、ご相談者様の会社としてもあまりのんびりする訳にも行かないでしょう。

上記内容証明郵便に対し、連絡がない、あるいはあっても納得の行く回答ではない。
という状況であれば、委任契約の解除もご検討されるとよろしいのではないでしょうか。

委任契約の解除を申し入れると、受任者側が損害賠償請求をしてくる場合が考えられますから、新たに弁護士を探してから交渉すると良いと思います。

ご参考になれば幸いです。

dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご評価頂きありがとうございました。

無事債権回収となればよろしいですね。

また機会がございましたら、ご質問頂ければ幸いです。

それではよろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問