JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

にある >京都府警が、カメラを仕込んだ盗撮用の靴をインターネットで購入した京都府内の人を戸別訪問し、靴の任意提出を

質問者の質問

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/09/18/kiji/K20140918008948190.html
にある
>京都府警が、カメラを仕込んだ盗撮用の靴をインターネットで購入した京都府内の人を戸別訪問し、靴の任意提出を求めたことが17日、分かった。盗撮用品の所持を禁止する法律はないが、府警は「犯罪に使われる恐れがあり、新たな被害者を生まないためにも必要な措置」と意義を強調。犯罪防止の抑止力になることを期待している。
これは違法なのか合法なのかどちらですか?
好奇心でこういうものを買ってしまったことは反省していますが、警察が回収に来ました。任意であるのかと確認したところ任意であるといわれましたが、提出拒否して自分で処分するといっても聞く耳持たずでした。どうしても回収するなら礼状を持ってきてくれと言ったら調査だからその必要はないの一点張りでした。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
これは任意でない限り,当然違法です。
令状なく人の財産を奪うことは,当然できないからです。
京都府警自身もそれは認めていますね。
「あくまで拒否するならパソコンを調べるぞ」との発言ですが,それも捜索差押令状がないと,強制的にはできないものです。
ましてや人の家に立ち入るのですから。
そのような発言の下,行ったのであれば,真に任意の下で回収したとは言えないと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

確認が遅くなってすみません。追加で質問したいのですが

犯罪者予備軍と言われた
証拠隠滅するなと言われた
調査のはずがこのまま靴提出を拒否するとだと新聞に名前が載ると言われた。
当番弁護士を呼ぶと言ったら事件じゃないからそれはできないといわれた
誓約書を強要された

私は成人男性ですが、父親名義の家に同居しているので父親の同意があれば靴提出は拒否できないし、父の許可があれば部屋の捜索も拒否できないと言われました。

以上の点で違法な行為があれば教えてください。また、靴をその場で使えなくするようにされたことは財産権の侵害になりますか?そういう可能性があると教わりましたので。それと強要されて欠かされた誓約書を破棄させることはできますか?ちなみに家に来たのは京都府警から情報提供を受けた愛知県警です。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
・犯罪者予備軍と言われたこと
・証拠隠滅するなと言われたこと
・靴提出を拒否すると新聞に名前が載ると言われたこと
は,違法ではないですが問題のある行動です。
・当番弁護士は呼べない
というのは正しいです。
当番弁護士は逮捕された際に,無料で弁護士を呼べる制度であり,今回は逮捕ではないことから適用されません。
しかし,お金を払って自分が委任した弁護士を呼んで立ち会ってもらうことは当然可能です。
・誓約書の強要
は,本当に強要だったのならば,強要罪に当たり違法です。
刑法223条は以下のように規定しています。
(強要)
第二百二十三条  生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
父親の同意があれば靴提出を拒否できないということはありません。
靴の所有者である質問者様の同意が必要です。
ただし,父親が同意すれば,部屋の捜索自体は可能だと思います。
強要された誓約書をもとに靴を使えなくしたことは,財産権の侵害になります。
また,真実の同意なしに靴を回収したのであれば,それは任意ではなく,違法な差押えに当たりうると考えます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

当番弁護士という制度をわかってなかったのは僕が悪かったんですね。


意図としては単に連絡のつく弁護士を呼ぶつもりだったのですが、当番弁護士と言ってしまった以上仕方ないですね。


 


誓約書の強要についてですが、どれだけ任意の調査を拒否しても一向に引く気配もなく、帰る様子もなく、らちがあかなかったので3人いた警官の名刺をもらうと引き換えに誓約書を書くと言ってしまいました。でも責任者の一人分しか名刺はもらえず、名刺を受取ったら、さあ誓約書をかけという流れになり誓約書を書いてしまいました。どれだけ拒否をしてもどうしようもなかったので仕方なく交換条件をだし、どうしても3人分の名刺は渡さないと拒否され、らちが明かず、もう耐えられずしかたなく誓約書を書いてしまいました。この場合も強要に当たりますか?また、その誓約書は取り返せますか?


 


また、最初の回答で


>京都府警自身もそれは認めていますね。


とありますがソースはありますでしょうか?

質問者: 返答済み 2 年 前.

すみません、このサイトのシステムがわかってないのかもしれませんが、何回までやり取りできるんでしょうか?12月24日に返答をしたんですがまだお答えをいただいておりません。追加料金を払うのか、もう一度別に質問すればいいのでしょうか?

法律 についての関連する質問