JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2290
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

お忙しいところ大変恐れいります。 建設工事の未払いの件です。 当方は5次請負(現場が終わらないということでの応援

質問者の質問

お忙しいところ大変恐れいります。
建設工事の未払いの件です。
当方は5次請負(現場が終わらないということでの応援)で現場に入りました。
工事の最中に先方側の色々トラブルがあり、巻き込まれそうだったので、早めに現場から引き揚げました。 代金は払ってくれるとの話だったのですが、支払日に振込がなく、4次請負の人間が行方不明になってしまい、やむなくその上の3次、2次請負の会社に連絡しても全然とりあってくれませんでした。
働いた人に賃金を払わなければならない為、金策に奔走して、何とか支払はできたものの、2次、3次請負の会社は全然対応すらしてくれず、困った挙句に依頼主のほうに電話して、何とか1次請負の会社も出てきたのですが、その会社は話し合いの場を設けるという約束と、まだ支払日になっていない代金を先に払ってあげるということで、残金を払ったとたん、法律的にも私に払う義務は1次、2次、3次ともない。 残金があれば別だけど、それも払ったんだから・・・
と言われてしましました。
騙された・・・と思いましたが、建設業法の41条にあるように、元請は2重払いでも払わなければいけないのではないのでしょうか?
1次も2次も建設許可を受けている会社です。
私は騙されたまま、泣き寝入りしなければいけないのでしょうか?
未払い代金は300万以上あり、このままでは会社はつぶれてしまします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご質問ありがとうございます。

行政書士のdueprocessと申します。

よろしくお願い致します。

>騙された・・・と思いましたが、建設業法の41条にあるように、元請は2重払いでも払わなければいけないのではないのでしょうか?

建設業法41条2項や3項はあくまで国土交通大臣や都道府県知事が支払うよう勧告ができる。
という規定に過ぎませんし、仮に勧告が出されたとして従わなかった時も
罰則がありませんから、保護規定としては弱くほぼ有名無実の代物かと思います。

現実的な債権回収の手段としては、
まずは直接の発注元である四次請会社に対し、
支払督促手続きの利用や未払請負代金請求訴訟を起こした上で、
四次請自身の請負代金請求債権や資産に対して強制執行をする事となろうかと思います。

もちろん元請に建設業法41条を根拠にお支払を直接交渉する事も手かと考えます。

実際の手続きにつきましては法テラスや弁護士の無料相談なども合わせてご利用頂くと心強いです。

また「駆け込みホットライン-建設業法違反通報窓口-」というものもありますので、

必要に応じてご相談するのもよろしいかと思います。

ぜひ負けずに頑張ってください。

ご参考頂ければ幸いです。

ご不明な点ございましたら引き続きお気軽にご返信ください。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご指導ありがとうございます。 効力がないというご返答でしたが、建築業法の28条1項に、勧告に従わない時の処分の規定があると言う方もいますが、そこはどうなんでしょうか?

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

ご指導などとは恐れ多いですが、何とかお力になりたいと思いました。

>効力がないというご返答でしたが、建築業法の28条1項に、勧告に従わない時の処分の規定があると言う方もいますが、そこはどうなんでしょうか?

はい、確かにおっしゃるとおりです。
私も効力がないとまでは申し上げてはおりませんですね。
仮に勧告が出されれば、大手になればなるほど社のイメージを損ねますから、
従わざるを得ないと思います。そういう意味では強力であると思います。

ただ、勧告を出すかどうかについて、行政庁の義務ではなく任意である事。
また、法28条に法41条2項3項について、
確かに「特定建設業者が第四十一条第二項又は第三項の規定による勧告に従わない場合において必要があると認めるときも、同様とする。」とありますが、他の場合に比べて「必要があると認めるとき」とあり、こちらも行政庁の任意性が強く見受けられる条文になっているので、
勧告を無視したとしても、事情を考慮して「指示処分をしない」という判断もありと考えられます。
そしてあくまで行政処分であり、刑事罰がない。

そのあたりが保護規定としては弱く、まだまだ不十分ではないのか?という問題提起でございました。

ちょっと紛らわしい表現をしてしまいわかりづらかったですね。申し訳ないです。

疑問は晴れましたでしょうか?

ご不明な点がございましたら、引き続きご返信ください。よろしくお願い致します。

法律 についての関連する質問