JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1384
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

借金問題についての相談です。

解決済みの質問:

借金問題についての相談です。日本保証よりこの3年間ほどの期間、毎週催告書が送られてきます。日本保証から来る前はたしか「ロプロ」でした。どちらも過去に武富士を利用し、その返済を滞らせたままだからだと思います。最終貸付年月日が平成14年1月約80万の残高、利益損失日平成14年6月、元本残存約75万と貸付契約に表示され 、平成19年に貸金請求事件として訴訟されています。訴訟については通知等を確認した時点で答弁の機会は失っていたので、特に何もせずでしたので支払判決が確定しております。

平成19年の判決以前の1年間程度から以降の1,2年程度は全く督促状、催告書のような物は一切届かず、武富士の破たんと共に私の債権も放置されているものと楽観視しました。この数年、無い袖は振れないと開き直った状態で、この催告書等は無視しておりました。

しかし、自分を取り巻く生活環境が変わっていき、結婚から子供が産まれ、成長してくる中で「これでいいのだろうか」と考えが常にありました。けれど請求総額の数字を見るととても支払える金額ではなく、結局は開き直り放置の繰り返しになっている現状です。

今回、このような場で質問させて頂くになった経緯は、いつもの催告書ではなく、通知書というもので弁護士2名の記名、印鑑付きで日本保証に連絡するようと記載がありました。

もう、疲れたというか、今後も家族にばれないように郵便物を真っ先に取りに行くだとか、ドアフォンが鳴る度に妙に警戒したりだとか、夢にも見るようになり精神的に参っている状況で、精神科にも通っています。

今後、どのような解決方法があるのか?何らかの方法で解決したとしても、信用が回復するものなのか?もうネット上の情報だけでは判断も付かず、専門家に相談したいと検索しここに辿り着きました。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.
kionawaka :

>訴訟については通知等を確認した時点で答弁の機会は失っていたので、特に何もせずでしたので支払判決が確定しております。→後は強制執行をかけてくるか否かということでしょう。>武富士の破たんと共に私の債権も放置されているものと楽観視しました。→これは余りに甘い。>いつもの催告書ではなく、通知書というもので弁護士2名の記名、印鑑付きで日本保証に連絡するようと記載がありました。→これは単なる脅かしです。連絡の必要ありません。債務整理は弁護士の独占なので、一度相談にいかれたほうがよいでしょう。精神的な重圧はとれますよ。それから対策を練ればよいかと思います。返済状況・判決文もわからないので。平19の判決の時効は10年なので、それまでに請求したのでしょう。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問