JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4614
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

団地管理組合が所有する防災倉庫があります。 この倉庫への保管備品に災害時の炊き出し用コンロの燃料として石油を保管し

解決済みの質問:

団地管理組合が所有する防災倉庫があります。
この倉庫への保管備品に災害時の炊き出し用コンロの燃料として石油を保管しています。
量は18リトル缶で2個程度です。
地元の消防へ確認するのも方法ですが、消防法での制約はありますか。また防犯上警察からの指導を
受ける可能性はありますか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは、いろいろお悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、防災倉庫の大きさや設置場所等が不明ですが
建築基準法に則っていると言う前提でご回答致します。
石油と言っても、ガソリンの保管は基準を満たした容器でも
なるべく設置しないようにと言う判断がされるので
多分、軽油だと思いますので、軽油の場合は基準を満たした容器に
200リットルまでの保管であれば、消防署への報告の義務はないと思われます。
また、灯油なら一般家庭にもあるので、特に問題は無いとも言えます。
防犯上の指導を警察がするかどうかは不明ですが
当然、石油に限らず施錠してしっかり管理はしないといけないでしょう。
その管理方法の基準は特に無いと思われます。
とは言え、窃盗などあれば、管理上のミスのための損害賠償責任を問われる場合もございます。
市役所等は、防災倉庫を設置していますから、危機管理課等に一度ご相談されても
良いでしょう。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問