JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。山口県に実家が有り、弟と父とで新しく家を建て直し、負担を軽くした状態で弟が残りの住宅ローンを支

質問者の質問

よろしくお願いします。山口県に実家が有り、弟と父とで新しく家を建て直し、負担を軽くした状態で弟が残りの住宅ローンを支払っていました。7年前に父が他界し多野ですが今年の夏に住宅金融公庫(だと思います)から毎月の支払いが滞っている、このままでは家の権利がなくなります、と言われた。弟とは連絡が取れず、残金を支払う余裕もないので、競売を受け入れるしかなくなりました。わたしの債務は一切ないという事ですし、母も施設へいれていましたので安心しておりました。ところが、先日労働金庫から通知が有り、弟の借入金の一部を相続人である私が支払う事になるので、法的措置を取る、という事でいきなり通知がきました。私の無知ですが2カ所での住宅資金の借入をしていたのです。競売で全て片がついたと信じていたので、寝耳に水であわててしまいました。知人の話によると父が亡くなっており、財産を相続した訳ではないので何ら法的に支払い義務はないはず、だといっております。他の方は私名義のマンションを守る措置を講じるべきだと言います。弟が全く親の面倒を見ていないので、父が生きている時に公証役場ですべての財産を私に譲るという遺言を残しております。ですが実際には相続はしておりません。果たして私はどのようにすれば良いのでしょうか?どうか的確なアドバイスをよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

 いくつか確認させて下さい。①他にご兄弟はいらっしゃいますか?②お父様には現金,預金などプラスの財産はあったのでしょうか?もしあったとすれば既に使っていますか?③借り入れの契約はお父様がされていたのでしょうか?弟様との連帯でしょうか? ご回答いただいた上で返答させていただきたいです。

JACUSTOMER-u155lyye- :

①他にご兄弟はいらっしゃいますか?②お父様には現金,預金などプラスの財産はあったのでしょうか?もしあったとすれば既に使っていますか?③借り入れの契約はお父様がされていたのでしょうか?弟様との連帯でしょうか? ご回答いただいた上で返答させていただきたいです。

JACUSTOMER-u155lyye- :

①他にご兄弟はいらっしゃいますか?   いえ、2人兄弟です ②お父様には現金,預金などプラスの財産はあったのでしょうか? もしあったとすれば既に使っていますか? 母名義の預金は少しだけありましたが、何回かに渡る引っ越しや(一度大阪にひきとりましたので)施設の入居などでほとんど残っておりません ③借り入れの契約はお父様がされていたのでしょうか?弟様との連帯でしょうか? 父は連帯保証人のはずです。頭金や諸々を最初に父が出して、自分で後は払いなさい、としたようです。よろしくお願いいたします。

tkom :

 まず,相続というのはお父様が亡くなった時点で発生しています。そして,プラス(現金,預金など)だけではなくマイナスの財産(借金など)も引き継ぐことになります。プラスの財産が例えゼロだったとしてもマイナスの財産は相続されます。ですから今回のケースでは債務者弟様,連帯保証人お父様ということですと,まず弟様の借金の支払義務がお父様にあります。そして,お父様の支払義務を相続人であるお母様(2分の1),弟様(4分の1),ご相談者様(4分の1)が分割して引き継ぐことになり,法的にも各自支払義務があります。ただし,相続放棄という制度があり,これを利用することでお父様の借金から免れることはできます(お父様の財産を既に使用してしまった場合は相続放棄できません)。相続放棄は,自分が相続人であることを知った時から3か月以内に家庭裁判所に申立てることになります。そう考えると期間が過ぎているように思われますが,今回の場合,借金があるとは知らなかったのですから,借金が残っていると分った時点から3カ月以内ということになるでしょう。お母様とご相談者様のどちらも相続放棄の申述を家庭裁判所に行いましょう,家庭裁判所に認められればお母様,ご相談者様ともにお父様の借金の支払義務はなくなります。相続放棄申述の費用としては,収入印紙800円,切手代500円程度,戸籍等の必要書類取得費用です。もし司法書士,弁護士に依頼するのであればプラス報酬です。報酬は事務所によって異なりますので相場はありません。事務所に確認するほかないです。あと,施設に入っているとのことですが,お母様の判断能力はどうでしょうか?認知症などで判断能力がなければ相続放棄の申述はできません。成年後見の制度を利用することになります。不明点あれば補足します。

JACUSTOMER-u155lyye- :

母は歩行が困難で少々認知症を患っています。判断能力というのはどの程度でしょうか?

JACUSTOMER-u155lyye- :

母は歩行が困難で少々認知症を患っています。判断能力というのはどの程度でしょうか?委任状かなにかで代理で行なう事は難しいのでしょうか?

tkom :

 判断能力についてはお医者さんに診断してもらうしかないです。もし判断能力がなければ委任(委任も契約です)することができませんから代理というのもできません。弁護士や司法書士に依頼するのも委任契約なのでそれもできません。成年後見開始の申し立てをして成年後見人を代理人としてつけるしかないでしょう。ただ,成年後見人はお母様が亡くなるまで事務を行います。相続放棄の申述をして終わりではありません。成年後見開始の申し立ての費用は収入印紙800円,切手3000円程度,必要書類の取得費用です。弁護士司法書士に依頼することもできます。お母様も手続きをするべきと思いますが,ご相談者様の相続放棄をまずは早急にすすめた方がよいです。

法律 についての関連する質問