JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2176
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

団地の管理規約には、裁判に係る費用を相手に請求することもできると記載がある。 5年前に、管理組合費の長期滞納者に対

解決済みの質問:

団地の管理規約には、裁判に係る費用を相手に請求することもできると記載がある。
5年前に、管理組合費の長期滞納者に対し、競売での精算を求め裁判の手続きを弁護士を立て開始した。
滞納者は裁判を開始する直前で、組合費を支払い精算をした。裁判の準備に弁護士料が発生したが
この支払いを請求できるか。
ここで滞納者に対し裁判費用は組合で持っても裁判を起こすと当時の理事が発言。その記録を滞納者が音声で記録を持つ。管理組合はこの支出を総会にて組合員へは承認をしている。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご相談ありがとうございます。
行政書士のdueprocessと申します。
団地の管理規約についてですが、おそらく国交省の標準管理規約がベースになっているものと思われます。
以下国交省の標準管理規約を前提に回答致します。
61条2項で「組合員が前項の期日までに納付すべき金額を納付しない場合には、管理
組合は、その未払金額について、年利○%の遅延損害金と、違約金として
の弁護士費用並びに督促及び徴収の諸費用を加算して、その組合員に対し
て請求することができる。 」とありますので、ご相談者様の団地に同様の条文が存在すれば、期日までに納付すべき金額を納付しない(つまり滞納した)場合は、違約金としての弁護士費用等を請求できる事となります。
仮に理事が免除すると発言していたとしても、規約が存在する以上は支払義務は免れないでしょう。
頑なに払わないのであれば、支払督促手続や少額訴訟手続にてご請求されるとよろしいでしょう。
ご参考になれば幸いです。
dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
評価頂きありがとうございます。
無事問題が解決されると良いですね。
また機会がございましたら、ご相談頂ければ幸いです。
それでは失礼致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

請求への時効もあるとのことですので、少額訴訟の準備をしています。

一方視点を変えてこれらの訴訟を回避する手段はあるでしょうか。

すべてを無視して時効を待つこともあるとおみますが

質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

少額訴訟をする予定で準備を始めます。

視点を変えて、この訴訟を回避する手段はあるでしょうか。

組合総会で、支出金の会計処理は承認されておりあえて事を露わにしてもめ事を起こす必要はないとの意見もあります。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
>視点を変えてこれらの訴訟を回避する手段はあるでしょうか。
総会で特に責任を問わないという事であれば、今回に限りという事で請求をしないという事にしてもよろしいでしょう。
ただし、ごね得とも言える悪しき前例となる恐れはありますので、民事調停による話し合いでの解決や支払督促手続でプレッシャーを与えるなどのペナルティ的な厳しい措置を取る事もご検討されてもよろしいのではないかと考えます。
ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

今後への禍根を残さぬためにも訴訟を起こすことがベストと考えてゆきます。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
良い結果となります事を祈念しております。
それでは失礼致します。

法律 についての関連する質問