JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4918
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

わたしは69歳の専業主婦です。 子供たちは皆独立して、老夫婦二人暮らしです。 先日、何かの記事で 「夫は何より

質問者の質問

わたしは69歳の専業主婦です。
子供たちは皆独立して、老夫婦二人暮らしです。
先日、何かの記事で
「夫は何より外聞を重んじた。 経済的には不自由は無いが 心の中には寒風が吹いていた。」
を読んで、わたしの事だ、と思いました。
先ず、しょうもないと思われるような事から、書きます。
30代前半のある日、突然、「もうしない(sexのことです)」と言われました。思わず「えっ」と言ってしまいました。すると夫は「そんなに したいのなら、誰か相手を探してくればいい」言いました。
したいしたくないの問題ではないのですが。
それは丁度 末っ子を出産したばかりの頃でした。
子供さえ産めばもう用はないという事だったのでしょうか。
それからは、家事と育児だけの毎日でした。夫婦とは名ばかりです。実態は、住込みの女中です。お手伝いさんなどと言う優しいものではないから、敢えて女中といいます。
ご近所からも、親戚の人々からも、「あんな優しそうな、親切な、いい人」 と言われています。
今は定年退職して、毎日家にいます。
新婚の頃からそうでしたが、わたしに対して出てくる言葉は命令と怒鳴ることだけです。
細々した、箸を持ってこい、皿を変えろ、ぬるいからもっと熱くしろ(電子レンジでチンするだけです)と矢継ぎ早に言います。そして、対応が遅れると怒鳴られます。その上、「それくらいの事も出来ないのなら出て行け。」と言います。
この家の名義は俺だから、おれの家だから。だそうです。夫の親から頂いた土地に、夫が自分の甲斐性で建てたのだ、と言っています。結婚前にできていましたから、そうなのでしょう。
最近は、事ある度に、「いつ出て行ってもいいと言ってるのに、まだ居るのか」と言われます。できる事なら、わたしだって出て行きたいのですが、わたしには、一人暮らし出来るような蓄えなどありませんから、できません。
最近の私は、具合が悪くて内科の診断では、「自律神経によるものではないか、精神的なストレスでしょう」と言う事でした。
わたしは、家を出なくてはならないのでしょうか。出るときには、なにも保証はないのでしょうか。
以前、sexレスは、賠償対象になるというのを聞いた事があるように、覚えているのですが。
一人暮らし出来るような保証があれば、家を出てもいいし、離婚してもいいのです。
どうなのでしょうか。
ご指導くださいませ。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、長年ご苦労をなさったのだと思います。
まず、セックスレスは、離婚原因となり、夫婦協力義務違反の一つでもありますから
慰謝料等の請求は可能と思います。
また、言葉の暴力(モラハラ)もあるようですから
そう言う意味では、婚姻を継続し難い重大な事由となると思われますので
裁判上の離婚も可能と思われます。
離婚の場合、財産分与、慰謝料、年金分割等を決めることになります。
財産分与は、これまで婚姻期間に貯めた預貯金等は名義がどちらでも
折半となります。退職金等あれば、それも折半となります。
慰謝料は、セックスレスとモラハラで取れそうです。
年金分割は、厚生年金や共済年金(公務員等)であれば
多い方から少ない方に渡すことが可能です。
生活の程度については、人それぞれですから何とも言えませんが
年金等で暮らせるなら、離婚をされても問題はないと言えます。
最低限、生活保護と言う選択もございます。
このまま精神的に辛い思いをするなら、少しは経済的に苦労しても
離婚された方が良いのかもしれません。
離婚をご主人様に要請して、離婚条件を提示して、相手が応じれば
離婚協議書を公正証書で作成すれば、トラブルを防止できます。
相手が応じない場合は、家庭裁判所の離婚調停を申立てます。
離婚調停の費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。
離婚協議書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
良いでしょう。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問