JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1359
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

前夫が亡くなりその親が、国民共済の保健に入っていた そうで共済は、契約者が受け取り人になるらしく契約者が前夫だった

質問者の質問

前夫が亡くなりその親が、国民共済の保健に入っていた
そうで共済は、契約者が受け取り人になるらしく契約者が前夫だったので娘が保険金を受け取りました。
(400万1カ月前)向こうの親から連絡が来て、契約者を前夫が勝手に変え事が解り(元の契約者は、父親)
契約変更届けの偽装した証拠もあるからお金を返して欲しいと言われました。使ったら、刑事告訴するとまで
少し使ってしまったのですが、やはり裁判になったら
全額返すようになるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

費消してしまった分は、善意であるから償還義務ありません。甲父親、乙母親、前夫A、妻B、娘Cとして、共済の契約者が甲であるのに、前夫Aが変更を偽装したというのですね。共済からみれば、Aが受取人と信頼したことに過失がありませんから、弁済は有効です。Cも返金の必要ありません。乙らが返金してもらうには、Aが受取人変更を偽装したことを立証しなければなりません(これは極めて困難です。逆に甲もAの偽装を黙認したとみられ外観の作出に協力したと認定される可能性があります)。この訴訟で敗訴しない限り、Cに返金義務はありません。

法律 についての関連する質問