JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

同じ職場の男性に好意をもたれて、少しずつエスカレートし、ストーカーのようにメールをもらっていました。気持ちが悪いので

質問者の質問

同じ職場の男性に好意をもたれて、少しずつエスカレートし、ストーカーのようにメールをもらっていました。気持ちが悪いので私には婚約者もいるし、気持ちの悪いメールはやめて欲しいと伝えましたが、時が経つにつれて婚約者から誤解され、婚約破棄にされました。婚約者は自営業で、私はその手伝いをしてたので仕事も失いました。そのストーカーの男性を訴えるにはどうしたらいいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、同じ職場と言うことは、その時点では婚約者のお仕事は手伝っていなかったと
言うことですね。
ストーカーのようなメールをもらっていたと言うことで、内容等がご不明ですが
そのことを婚約者にご相談された時の反応が、どうかにもよりますが
ストーカーで迷惑していただけなのに、一方的に婚約破棄をされるのも問題とは思います。
そう言う時こそ協力してくれるのが婚約者とも言えます。
何の過失もないのであれば、婚約者に対しても婚約破棄の慰謝料を請求すべきかもしれません。
もちろん、相手のストーカーの男性に対しても、ストーカー規制法違反等による
不法行為で慰謝料を請求されても良いと思います。
携帯メールかPCメールかにもよりますが、場合によっては復元は可能と言えます。
ただ、携帯の場合は、サーバーの保管期間が30日とも半年とも言われているので
難しい場合もございます。
それと、刑事事件として、例えば、ストーカー規制法等での刑事告訴であれば
警察もメールを調べたり復元はしますが、刑事事件としてではなく民事の場合は
裁判所がメールを強制的には調べることは難しいと言えます。
その場合でも、これまで、どういう内容のメールをよこしたか、日記的な記録を
作成するでも構わないと思います。
まずは、内容証明で、相手の男性に不法行為による慰謝料請求をしてみることです。
内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。
行政書士の先生が比較的お安いです。
応じなければ、刑事告訴や民事調停を申立てると主張されると良いでしょう。
同じように婚約者にも一方的な婚約破棄としての慰謝料請求もされても良いかもしれません。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問