JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

はじめまして。私は静岡県で家族4人で住むものです。このたび、下記のアドレスの4人乗りのアルミボートをオークションで購入いたしました。価格78

解決済みの質問:

はじめまして。
私は静岡県で家族4人で住むものです。
このたび、下記のアドレスの4人乗りのアルミボートをオークションで購入いたしました。
価格78,500円(税込84,780円)
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p416968623
この商品は個人売買で無く、先方は消費税まで徴収するストア店であるし、商品のタイトルも「QUINTREX アルミボート 3.4 4人乗り■3W-021」、商品説明の写真に船と一緒に写ってる日本小型船舶検査機構で過去に船検を取られている船番号「231-11202」も船と一緒に撮られたものだし、船自体の説明写真(黒いプレート)に「4人」の表示、商品説明の記載にも「MAXIMUM  4PERSONS」と4人乗りの説明を信じ購入しました。
(ストア店 免許情報 第441020000861号/千葉県公安委員会 古物商許可証 )
引き取り後、日本小型船舶検査機構で自分の名義への変更手続きや、船検の方法などを船体番号から調べましたら、この船は3人登録までしかできない事がわかりました。
つまりこの船を作ったオーストラリアの規定と、日本の規定の違いで日本では3人までの登録しかできないと言われました。
これはストア情報の中にある一文です。
商品の返品について
商品の返品および交換は承っておりません。
ただし、出品時の商品説明との相違など当社原因による場合には、返品・交換を 受け付けます。
商品到着後1週間以内にご連絡ください。
良品との交換をご希望されない場合や代替品のない場合は、お支払方法に関らず、ご指定の口座に返金するものとします。
当該商品の返送および再送に要する送料等は、当社負担とします。
但し、当社に許可なくお客様が商品を開けて確認や操作された場合は
返品をお受けできませんのでご注意ください。
わたしは商品説明が違うとお店の方に、4人乗りとうたった船を買ったのに、4人登録できない以上返品をお願いします。と言っても、それはできない。うちは船のプレートに4人とあったので日本の規定までは知らない。
なら、買取なら3万円で引きとります。との返答しかもらえませんでした。
商品タイトル(4人)・写真(過去に日本小型船舶検査機構で船検を取っているという)・商品説明に4人
どこをとっても4人乗りの船ではないかでしょうか。
この船には、船検をとられた前所有者の書類などが無いため、所有者が私にならないと日本小型船舶検査機構で船体番号から過去の登録などが調べられなかったため、購入前に3人乗りとは知る余地もありませんでした。
購入費用が自分の物だけなら、なんとか高い勉強と言えるかもしれませんが、この船は小学生3年生・4年生の子供2人のお年玉や小遣いをためて買った船なので、どうしても納得できる結論が知りたくてご相談させていただきました。
何か良い案があればお教えください。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 2 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。こちらはJustAnswerユーザーサポートです。

残念ながら、ご投稿の質問への回答が現時点ではまだ寄せられていないため、質問の優先順位を上げております。また、質問内容が明瞭かや、ご設定の質問料金が適切かなども再度ご確認ください。
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
質問者様は,4人乗りだと思って購入したが,日本では3人までしか乗れないものであったということですよね。
民法95条は,以下のように規定しています。
(錯誤)
第九十五条  意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。
今回は,売買の目的物であるボートの乗船可能人数に錯誤(勘違い)があったということです。
ボートの乗船可能人数は,ボートにとって大きな要素ですから,これは「法律行為の要素」に当たると考えます。
そのため,今回の売買契約は,「錯誤で無効である」と主張することができます。
無効となった場合,お金とボートをそれぞれ相手に返すことになります。
購入代金全額を返せと言えるので,相手のいう「返品」とは異なります。
ただ,錯誤無効であっても,ボートの引渡し場所が相手方の場所だった以上は,その場所まで運ぶ運搬代は,質問者様の負担となります。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験: 東京大学卒業
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問