JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

自己所有の畑に作物を荒らすねずみ?を駆除するために殺鼠剤を置いたところ、イノシシ狩りの狩猟犬が畑に入り込み、殺鼠剤を

解決済みの質問:

自己所有の畑に作物を荒らすねずみ?を駆除するために殺鼠剤を置いたところ、イノシシ狩りの狩猟犬が畑に入り込み、殺鼠剤を口にして死んでしまった。飼い主が警察に訴えたようだが、警察は民事不介入ということで取り合わず県の調査が明日入るということを言われたがこちらに落ち度があるのか教えて下さい。ちなみに畑にはぐるっと柵をしてあり、作物がなっていた。事前に猟に入る連絡は受けていないし畑に入る承諾もしていない。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
殺鼠剤を自己所有の畑の中に置いていた限り,一切責任はないと考えます。
むしろ,乱暴な言い方をすれば,質問者様の畑に勝手に入ってきた狩猟犬,及びそれを許した飼い主の方に問題があると考えます。
ましてや畑には柵もしていたのですから。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

殺鼠剤と言っても農薬を殺鼠剤代わりに使用した場合はばっそくはありますか?

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
関連法規を調査しましたが,罰則はないと考えます。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問