JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私の兄は今どこに居るのかわかりません。 最後居た住所は知ってるのですがそこに今現在住んでるのかも不明です。ネットで

解決済みの質問:

私の兄は今どこに居るのかわかりません。
最後居た住所は知ってるのですがそこに今現在住んでるのかも不明です。ネットで検索したらアパートみたいな作りだったのですが部屋番号等はわかりません。
電話も私の母が契約してもたせてましたが度重なる裏切り、唯一の繋がりである携帯にも出ずメールも一方通行で携帯払いなどで買い物をしてたりと(支払いは母)年金暮らしで疲れはてた母は契約を解除しました。その当時はもういいと諦めてたんだと思います。
その母が今死を間近に迎えてます。
その後の相続の事ももちろんありますが私はやはり会って欲しいと思い探してますが自由がきく時間も限られ私の自宅からは往復で3時間、行っても昼間しか行けない等あまり結果に繋がる方法ではないと感じてます。
そこで住民票を取りたいと思い、それなら昼間役所に行くことだけに絞れるし可能です。ですが第三者が住民票等を取得するには委任状が必要で、母が亡くなったあとなら法的に委任状がなくても相続などの件で住民票取得が可能と知りました。しかしそれでは母には会えないし会わせられないままですよね。何とかして居場所を今調べたいです。母がなくなる前に進めたい手続きもあるし話したい事もたくさんあります。
そこで事情を説明して住民票を出してもらったり、法的に母が生きてる時に兄の住民票を妹である私が手にいれることを認められるためにはどんな手続きが必要なのか教えて欲しいです。素人ながら裁判所から許可をもらえば出してくれるのかな?そのためにはどこに行ってどんな手続きをしたらいいのかな?など思い付きましたが裁判所から許可をもらうことが可能なのか合わせて教えて欲しいです。よろしくお願いします!
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
住所を確認する方法として、住民票よりも戸籍の附票の方が比較的簡単に
取得できる可能性があります。
戸籍の附票というのは、戸籍とセットで管理されていて、住民票と連動して
住所が記載されている書類であり、これを確認できれば現住所や転居履歴を
確認することが可能です。

お兄さんがもし未婚であれば、わざわざ本籍地を変更していない限り、ご両親と
同じ戸籍に入っています。この場合、ご質問者様でも、特別な理由なくお兄さんの
戸籍の附票を取得可能です。
申請先は、本籍地の市町村役場になります。

もし、お兄さんが結婚されている場合、ご質問者様からの申請は特別な理由が
ない限りできないのですが、ご両親いずれかからであれば可能です。
また、ご両親自身が申請することが難しくても、ご両親いずれかから委任状を
もらうことができれば、ご質問者様が代わって手続きを行うことも可能です。

上記いずれか可能そうであるかまずはご検討ください。
委任状が難しいようであれば、その旨返信いただければ、別の方法を検討の上、
回答させて頂きます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答ありがとうございます。書き忘れてましたが父は他界しいて兄は何度か結婚をしてるようで本籍地も動いてる状況です。

なので最後の住所にかけてます。戸籍をとるにしても妹である私が今の時点で取れる方法を教えてください。

専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
委任状をもらうのが難しく、戸籍も移られているということであれば、戸籍の附票で
あっても、住民票であっても、いずれにせよ正当な理由が必要になります。
であれば、現在のお母さんが委任状も書くのが難しい状況なのであれば、当然
介護や看護が必要な状況かと思いますので、扶養義務を理由に、これまでの治療費や
介護費用の負担について、あるいは、(先は長くなさそうとのことですが、まだ
ご存命ですから)今後の看護や介護方針などについて話し合いをする必要があります
ので、これは正当な理由といえるでしょう。
但し、これを理由とした取得は、市町村によって、また担当者によって対応に
違いがみられます。口頭で説明するだけですんなり発行してもらえるケースもあれば、
具体的な資料等を要求される場合もあります。
遠方のようですから、電話で事前に問い合わせて見られた方がよいでしょう。
なお、昼間に時間を取るのが難しいようであれば、送付の分日数はロスして
しまいますが、郵送での申請も可能です。
前述の通り、市町村によって判断の実情が違いますから、住所地の自治体への手続きが
難しそうであれば、戸籍の附票から攻めてみるということも考えられますし、
安全を見て、並行して手続きを進められるというのも考えられるでしょう。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問