JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

はじめまして。 4年に及ぶ民事裁判が終わりまして、地裁、高裁の判決が去年の6月の出ました。 敗訴です。 原告は

質問者の質問

はじめまして。
4年に及ぶ民事裁判が終わりまして、地裁、高裁の判決が去年の6月の出ました。
敗訴です。
原告はローンが後22年残ってる家を裁判前に借り差し押さえしてますが、判決後に
郵貯、銀行を本差ししてきました、が、残金がないので取り下げてきまして、その後は
何もしてきません。
相手の弁護士からは連絡すらないのですが、今後は自宅の借り差しや、その他の物への強制執行はないのでしょうか?
また、何か違う方法で何かをしてくるんでしょうか?
先生方のご意見を頂ければ幸いです、
宜しくお願いします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
Customer:

質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。不動産を仮差押さえされて裁判では敗訴してしまったというこですね?しかし、不動産の価値がローンより少ないということなので、その不動産を強制執行しても意味がない、という状況のようですね。原告は損害賠償の請求をしてきて、その「賠償金を支払え」という判決が確定したということでしょうか?

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

賠償金を支払えとは言ってきてません。代理人弁護士にも何も連絡がなく、1年以上が経ちました。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

判決は2300万を払いなさい。と言う判決です

Customer:

なるほど、金銭を支払うよう判決がなされたということですね。ただ、ローンが残っている不動産からは強制執行できませんから、そのお金を回収するために他の方法を考えているでしょう。質問者様が会社に勤めていて、給与をもらっているならば、その給与を差し押さえてくることが考えられます。また、その他に車

Customer:

その他に自動車などの動産を所有していれば、それらの物を差押えて強制執行してくることが考えられます。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

車はありません。

Customer:

給与はどうですか?

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

会社も私が何処に勤めてるか知りません

Customer:

なるほど、それで相手の弁護士も手出しができない状態のようですね。

Customer:

質問者様の財産がローンの残っている不動産だけならば、相手の判決はただの紙切れです。手の打ちようがないので一年以上も連絡がないのでしょう。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

そうです。未来永劫、自宅は差し押さえのままですか?

Customer:

残念ながらそうなります。差押えをしているかぎり時効にもなりませんので、結局その自宅は手放さざるを得ないということになります。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

手放す?私は住んでますが強制執行もしてこないんであれば、手放す事もないんでは。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

ローンを払いながら住む事はできなんですか?

Customer:

将来的な話です。ローンを支払い終えればそれは質問様の財産ですから、その財産に強制執行してくることになり、今現在はローンを支払って住むことができますが、将来は手放さざるをえなくなるということになります。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

原告は63歳でローンは後、25年です。

Customer:

そうなると原告の金銭の回収は難しそうですね。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

弁護士さんは判決有効は10年と言う

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

10年と言ってましたが

Customer:

判決は10年で時効になりますが、その間にまた支払い請求の裁判をすればまた時効は延長されるので、10年経てば安心ということでもありません。ただ、相手がまた裁判をしてくるだけの気力があればの話ですが。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

支払請求の裁判ですか?そうなると、また原告は裁判費用がかかるんですね?

Customer:

そうなりますね

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

裁判をして相手が勝ってもまだローンがあれば強制執行できない。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

そんなので無駄に裁判をするんでしょうか?  

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

その間に原告が亡くなれば、また相続になる。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

こんな、風になるんですか?

Customer:

裁判する理由も人それぞれです。お金を回収したいということも理由のひとつですし、裁判で納得のいくまで争って白黒はっきりさせたい、ということだけが理由の場合もあります。また、相続人に権利を残したい、ということも主な理由の一つでしょう。確定判決の権利は相続の対象になりますので、原告が亡くなれば相続されることになります。

Customer:

回答が参考になりましたら、評価をしていただきますようお願いします。

Customer:

こんなにやりとりして詳しい回答を期待した、というのはどういう意味ですか。

Customer:

理由のないマイナス評価なので、今後は一切回答しません。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

私が何か悪いことしましたか?法律がわからないんで、お聞きしただけです。目が悪いんで評価仕方がわからなかったんです。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

先生、大変失礼しました。

JACUSTOMER-jqw9eksb- :

どうすれば、よろしいですか?

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
失礼しました。マイナス評価になっていましたが、プラス評価をしてくださり感謝します。今後も不明な点があればお答え致します。

法律 についての関連する質問