JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

教えてください。 主人が心筋梗塞で倒れ意識がない状態です。回復してもとても社会生活はおくれません。 主人の収入が

解決済みの質問:

教えてください。
主人が心筋梗塞で倒れ意識がない状態です。回復してもとても社会生活はおくれません。
主人の収入がなくなってしまう上に医療費がかかってきます。私の収入だけでは到底やっていけません。
銀行ローンやカードローンなどを借りて返してを繰り返していたのだと思います。
お恥ずかしいですが、金銭のやりくりは主人がほとんどしていて私は生活費を頂いていたのでローンの残額なども把握しきれていません。どうにか返済額を減らす方法はありますでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

いくつか確認させて下さい。ローンはご主人名義で契約されていたということでしょうか?奥様が連帯保証人になっているものはありますか?

JACUSTOMER-ajncvigt- :

ありません。すべて主人名義です。

tkom :

返済額を減らすという方法はありませんが、銀行などお金を借りているところに事情をお話しして返済を一度止めてもらった方が良いでしょう。もし請求されても返済はしないで下さい。そして、ご主人の意識が戻ったら弁護士、司法書士に債務整理の依頼をしましょう。奥様にご主人のローンの返済義務はありませんし、債務整理の依頼もローン契約者本人しかできません。債務整理には任意整理、自己破産、個人再生といった方法があります。どの手段を取るかは借入額にもよるので何とも言えません。他に不明点あれば補足します。

Customer:

お返事ありがとうございます。

Customer:

債務整理は本人ではないとできないとのことですが、このまま意識が戻らないか戻ったとしてもおそらく普通にいろいろなことを認識することはできないと思います。その場合はどうなりますか?みずほ銀行に内容を開示していただいたときは万が一亡くなった時は相続となると言われました。

tkom :

意識が戻らないもしくは戻っても判断能力がない場合には、本人が債務整理の委任契約を締結することができないので、成年後見開始の申し立てを家庭裁判所に行い成年後見人を選任してもらった上で債務整理することになるでしょう。成年後見申立から2~4カ月程度で成年後見人が選任されます。万が一ご主人が亡くなられた場合には相続となるのでプラスの財産より借金の方が大きければ相続放棄した方がいいです。相続放棄は死亡から3か月以内に家庭裁判所に申し立てする必要があります。まずは金融機関に連絡して返済をストップして、口座引落で返済があるなら残高不足にして引落されないようにしましょう。生活費優先で支払した方が良いです。生活費についてはお近くの社会福祉協議会の貸付制度や生活保護の利用を検討しても良いと思います。

Customer:

残高不足で引き落とされないようにして督促なども対応しなくて良いということでしょうか?金融機関のほかにカード会社などにも連絡を入れるのでしょうか?成年後見開始の申し立てを早めに進めたほうがいいですよね?

tkom :

カード会社を含め借入しているところ全てに連絡して督促がもしきても支払しない方がいいです。成年後見申立についてはお近くの家庭裁判所で詳しく教えてもらえるはずです。申立の費用は、収入印紙800円+2600円分、郵便切手4650円分、お医者さんの診断書作成依頼料3000~10000円程度です。場合によっては鑑定料50000円程度必要になるケースもありますが、鑑定が必要になるケースは少ないです。もし司法書士や弁護士に申立書類の作成や代理を依頼すると司法書士や弁護士報酬を支払うことになります。事務所によって報酬額は異なりますのでここでは金額を提示することはできません。

Customer:

ありがとうございました。何とかやってみます。

tkomをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問