JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 936
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

離婚した元夫との間に、公正証書にて平成29年3月31日限り、分割または一括して私の指定した方法により支払うと取り決め

解決済みの質問:

離婚した元夫との間に、公正証書にて平成29年3月31日限り、分割または一括して私の指定した方法により支払うと取り決めをしました。
夫は、住所、勤務先、電話番号、その他の連絡方法を変更したときは遅滞なく、その旨及び必要な事項を私に通知することを証書の中にも書いてあります。
しかし、突然居所や勤務先、連絡先など分からなくなってしまいました。郵便物などは転送されており、新しく別の場所に引っ越したということまでは分かっています。
自身で調べたところ、住民票除票というものがあることを知ったのですが、私に第三者として請求する権利はありますか?
またその場合、費用を抑えたいので個人でも請求することができるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
住民票の除票は、原則として第三者に取得することはできませんが、ご質問者様のように法律上の権利・義務関係がある相手方については、認められています。
基本的には、ご質問者様がお持ちの公正証書を持参するなどして請求すれば発行が受けられますが、実務的な意味での判断権限は当該自治体にあり、自治体によって若干運用が異なる場合もあります。近所であれば直接行かれてもかまいませんが、できれば事前に電話でご相談されてから行かれるようにすると、手続きがスムーズでしょう。

また、同様に転居履歴が確認できる方法として戸籍の附票というものもあります。
こちらは相手の本籍地の市町村役場で取得可能ですのでご参考まで。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問