JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

太陽光発電を8月業者と10kw全量売電で契約し、契約後すぐに工事され設置しました。 業者からは予め 設置後、売電が始まるまで 売電契約を

解決済みの質問:

太陽光発電を8月業者と10kw全量売電で契約し、契約後すぐに工事され設置しました。
業者からは予め
設置後、売電が始まるまで
売電契約を電力に申請してから2~3か月くらいは掛かる事を
聞いていました。
2か月が経過し、混んでるので 時間がかかるのだなあ、と思っていたら 昨日業者から電話があり
「電力会社に申請する担当者のミスで 申請できていませんでした。 四国電力での契約は先日新規受け付けを終了しており ますので、再開するまで待っていただくか、余剰売電にするか考えておいてください。
」と言われました。
明日、業者がその説明に来るのですが 、納得出来ません。
全量売電だからこそ契約し設置までしたのに
あまりの対応に怒りがおさまりません。
すでに工事の金額は支払っており不安でたまりません。
願わくば全額回収し、太陽光もお返ししたいと思っています。また設置工事のために屋根に穴を開けた補修費用まで請求したいと考えています。こういった損害賠償が可能か、また慰謝料請求は可能か。
ぜひご教示ください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
それはひどい対応ですね。
全量売電で契約し,その時点でミスなく申請していれば四国電力の新規受付が通っていたといえる場合は,債務不履行(民法415条)による損害賠償請求が可能です。
相手方には,「全量売電契約の申請を四国電力に対し行う契約上の義務」がありますが,それを過失(ミス)により履行しなかったということです。
損害賠償請求の進め方については,以下の2つの方法があります。
①質問者様のおっしゃる通り,太陽光発電の設置費用を全額返金するよう請求する。
屋根の補修費用も請求する。
②申請をしっかり行っていれば受け付けられていたとして,全額売電が行われていたら毎月入る金額を,実際に全額売電が行えるようになるまで支払うことを請求する。
慰謝料ですが,慰謝料は,不法行為があった場合のみ認められるものです。
民法710条が根拠となっているからです。
(財産以外の損害の賠償)
第七百十条  他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。
そのため,今回のように契約があったがそれを履行しなかったという場合は,慰謝料の請求はできません。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問