JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

簡単なことなのですが、よくわからず質問させていただきます。つい4日ぐらい前なのですが、3か月前より体調不良で入院をし

解決済みの質問:

簡単なことなのですが、よくわからず質問させていただきます。つい4日ぐらい前なのですが、3か月前より体調不良で入院をしていた父親が息を引き取りました。父親名義の財産といえば昭和50年頃に建てた家と土地ぐらいです。またその財産はどう査定しても1500万は超えないと思います。(建物の価値は¥0-で土地のみの評価)家族構成は同居の母親、別居の長男(私です。質問者です。未婚)、同じく別居の次男(妻、息子1人、娘1人)になります。また母親は自宅での生活が困難になりつつあり、施設への入所手続きをしまして、現在空きを待っている状態です。母親は一旦施設に入ってしまえばもう自宅での生活はないと思います。
つきましては父親名義の建物と土地なのですが、すぐ母親に移さなくてはいけないのでしょうか。その際なにか税金などが発生するのでしょうか。また必ずしも名義変更は必要がないということも聞きましたが、父親名義のままでも良いのでしょうか。遺族的には可能であれば名義は変更したくありません。
また将来的にはその建物と土地を処分して、母親に売却したお金を渡したいと思います。母親の死後はそのお金の残った分は話し合いで長男と次男で分けたいと思います。または母親の死後、その建物と土地を処分して売却したお金は話し合いで長男と次男で分けたいと思っております。つきましては今の時点で法律的にしておいたほうが良い手続きがありましたら教えていただけますでしょうか。
また、税金が一番かからないベストな方法がありましたら教えていただけたらと思います。
冗長になってしまいましたが、
今の時点でしなくてはいけない父親名義の建物と土地に係る法律的または行政的な手続きとささやかな財産ですが、できる限り遺族に残るような法律的な手順について
教えていただければありがたいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
shihoushoshikun :

質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。

shihoushoshikun :

亡くなった父親の不動産の名義を変更する必要があるか、ということですが、確かにすぐに名義変更する必要はありません。

shihoushoshikun :

名義変更するための相続登記するとなると、登録免許税という税金を納める必要があります。

shihoushoshikun :

ただ、将来土地や建物を売却するときには、結局名義を変更しなければなりません。父親名義のまま不動産を売却することはできないからです。

shihoushoshikun :

ですから、将来売却することが決まっているならば、今名義変更するか、将来名義変更するかの違いになります。

shihoushoshikun :

税金が一番かからない方法となると、将来不動産を売却するときに名義を変更してから売ることがベストでしょう。

shihoushoshikun :

不明な点があれば返信してください。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問