JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

ありがとうございました。

質問者の質問

ありがとうございました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
なお,もしよろしければ,次回からご指名していただける際は,題名に「t-lawyer弁護士へ」と書いていただけると助かります。
①基本資料は毎月の給与明細になります。
今回の場合,退職したことの証明ができる書面を用意しておく必要があります。
そうすれば,退職したので無収入であることの説明ができます。
収入がない状況が続けば,当然その無収入を前提として養育費の額が再検討されます。
②相手方の再婚相手の夫が,質問者様の子供たちと養子縁組を組んでいれば,子供たちの第一次的な養育義務者は,その再婚相手となります。
そのため,新たな夫の収入も養育費算定に考慮され,質問者様の養育費負担はかなり減額されることが期待できます。
③相手方の裁判所に,郵便で申立てをします。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 2 年 前.

「t-lawyer弁護士へ」。ありがとうございました。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
そう言っていただき、ありがとうございます。

法律 についての関連する質問