JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

回答が投稿されました! t-lawyer から 2014年10月26日 1:30 EST 弁護士のt-lawyerです。 回答いたします。 刑事告訴を

解決済みの質問:

回答が投稿されました!
t-lawyer から
2014年10月26日 1:30 EST
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
刑事告訴を受ける前であっても示談交渉は可能です。
刑事告訴は,刑事処罰を与える刑事手続ですが,示談というのは相手に与えた損害を賠償するという民事手続きであり,全く別物だからです。
刑事告訴を受けた場合,警察から質問者様の元に話を聞かせてほしいと連絡があると思います。
その時に警察に出頭して話をすることとなります。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
刑事告訴を受けた場合、どのような刑事罰を受けるのでしょうか。家族、保育園、たくさんの周りの方々
に迷惑をかけてしまいます。
今、頭の中は混乱しています。先程、
回答が投稿されました!
t-lawyer から
2014年10月26日 1:30 EST
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
刑事告訴を受ける前であっても示談交渉は可能です。
刑事告訴は,刑事処罰を与える刑事手続ですが,示談というのは相手に与えた損害を賠償するという民事手続きであり,全く別物だからです。
刑事告訴を受けた場合,警察から質問者様の元に話を聞かせてほしいと連絡があると思います。
その時に警察に出頭して話をすることとなります。
ご参考になれば幸いです。
先程、児童の父親が来て刑事告訴すると伝えて来ました。
刑事告訴を受けた場合、どのような刑事罰を受けるのでしょうか。
たくさんの周りの方に迷惑をかけてしまいます。
今、頭の中は混乱しています。先程、警察署の刑事課の方に行って来ました。
事件の内容を話して来ました。
これからどのようにしたら良いか迷っています。自分の起こした事は、毎日反省しています。刑事さんは
弁護士さんに話すように言われたのですが。ただ、怖いのはどのような罰を受けるか心配でたまりません。
もし、刑事告訴を取り下げても、刑事事件として扱われるのでしょうか。
周りの方々に迷惑のかからないように処理したいのですが。どうか良いアドバイスをお願い致します。
10月28日20時54分、児童の父親に電話をかけ、今、警察署の刑事課の方に行ってきたということを
伝え、取り返しのつかない事をしたと電話口で誤り、今からお詫びにお宅の方にお伺いすると言うと、後日
30日の午後4時にお会いする約束をしました。お会いしたら丁寧にお詫びしたいと思っています。ただ、自分
の欠点として、口下手なのが気がかりです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
質問者様は,幼児の股間を触ったということですよね。
刑法176条の強制わいせつ罪に当たります。
「十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。
十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。」
6か月以上10年以下の懲役というのが法定刑です。
しかし,前科前歴がない場合,起訴猶予といって,裁判にかけられない場合もあります。
裁判にかけられないのですから,刑罰も受けません。
また,強制わいせつ罪は,親告罪といって,告訴がなければ刑罰が科されません。
そのため,被害者が刑事告訴を取り下げた場合,刑事事件として扱われません。
今後ですが,刑事告訴を取り下げてもらうことを一番に考えてください。
そのためには,被害者及びその両親に示談金含め真摯に謝罪することが必要です。
一般的には,被害者は加害者本人に会いたくないことが多いことから,示談交渉のために弁護士に委任することも検討した方がよいかもしれません。
質問者様が口下手ならなおさらです。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問