JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

中学生の娘のことです。 上級生のA子がツイッターに娘の悪口を投稿しました。投稿の中には娘の名前は載らず、「体育委員

解決済みの質問:

中学生の娘のことです。
上級生のA子がツイッターに娘の悪口を投稿しました。投稿の中には娘の名前は載らず、「体育委員会の副委員長」と表現されていました。
数分後、その投稿を見た、同じ中学のB子が「体育委員会の副委員長ってだれ?」と投稿し、次の投稿でA子が娘のフルネームを掲載しました。
そのやり取りを見た、C子が娘にツイッター画面を画像保存して娘に教えてくれました。
これは、侮辱罪に該当するのでしょうか?
今後、こういう事態が起こらないように、何か罰を与えることができるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
まず,刑法は以下のように規定しています。
刑法230条(名誉毀損)
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
刑法231条(侮辱)
事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。
A子の悪口の内容が,事実を記載したものであれば名誉毀損罪,事実を記載していないもの(ばか,あほなど)であれば侮辱罪に当たります。
学校を通じて保護者へ注意をしてもらったのは,最初の手段としてはよかったと思います。
しかし,それで反省が見られないようでしたら,児童相談所への届け出でしょうか。
刑法41条では,「十四歳に満たない者の行為は、罰しない。」
と定めています。
そのため,A子が13歳の場合,犯罪に当たらないことから,児童相談所への相談が適切と考えます。
もし14歳に達している場合は,犯罪が成立することから,警察への届け出も有効だと考えます。
なお,教育委員会への連絡は,教師や学校に問題がある場合であり,今回は生徒に問題がある場合なので教育委員会への連絡は違うように感じます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問