JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

雇用問題

解決済みの質問:

建設会社で7年間解体工事の営業をしていました。 会社の方針と、社長に反発し、2014年8月31日付けで退社致しました。 退社の理由は明らかにせず、別の業種で頑張ると言う事で了承してもらいました。 2週間後別の建設会社に営業で来てくれとの誘いに、快く答えて現在まで、勤務しています。前の会社の取引先には状況を説明して、前社同様取引をして頂いていますが、 元の会社の社長に、その噂が届き、クレームを言われています。 損害賠償、裁判、弁護士の話も出ています 誓約書等を、今週中に提出するよう、強迫まがいに、迫られていますが提出する必要があるのか、今後の対応を教えてください。よろしくお願いします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
確認させてください。
①前の会社では,何か役職についていましたか。
それともヒラの営業マンでしたか。
②誓約書の内容はどのようなものですか。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

①肩書きほ営業だけでしたが。実際に営業していたのは取締役と、自分だけでした。

退社の引き続きは、他社から退職して来た営業マンと専務に引継ぎました。

②誓約書は今後前社の関わりあったお客様の仕事は致しません違反すると

罰金1000万とかゆう内容だと思います。

ちなみに今の会社と前社は親戚関係です。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
一般的に,以前の会社で取締役などであれば,退職後,同業種に3年間は就職してはならないなどの信義則が認められることもあります。
これを「競業避止義務」といいます。
信義則とは,道徳的なルールが法的な義務になるということです。
しかし,一般の営業マンであれば,そのような競業避止義務が信義則上認められることはほぼありません。
前の会社の就業規則で特別な規定がなされていない限り,一般の営業マンであれば,同業種に転職しても構いません。
また,誓約書の罰金も高すぎます。
そもそも,前の会社はすでに退職しているのですから,そのような誓約書を提出する義務はありません。
そのため,誓約書の作成には応じる必要はありません。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問