JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4759
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

性格異常者たる夫の会社の退職問題及び実父の死に至るまでの葛藤と相まって、自己コントールができない己の弱さとしての心の

質問者の質問

性格異常者たる夫の会社の退職問題及び実父の死に至るまでの葛藤と相まって、自己コントールができない己の弱さとしての心の乱れが、DV行為を産後の肥立ちのよくない妻に対して行い、精神病患者に追い込んでしまい、看護するのを放棄し、日常生活がままならぬ日々をおくるまで追いやっていまった。本人の手紙から、容易にDV行為が証明できる証拠を保持している
数年に及ぶ判断力の乏しい相手に対して過酷な文書だけを送り続けて、離婚成立・退去命令・強制立ち退きの各文書を送り続け強制退去という荒手な手段をとってきた。親権者の親も離婚させられた娘と共に地獄に突き落とされた。た所業に対して、怒りが募るだけである。こと、ここに至った文書を初めて知った次第で、異常な心持ち主の本人も迷いあぐねた結果なのだろう。今までも困り果てると些細な出来事でも助けを求めてきた経緯があった。
異常な性格を証明する顕著な例をまとめて記録しているが、相手に賠償・刑事訴訟を含めて可能だろうか。アドバイスをおねがいします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは、大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ご不明の点もございますが、分かる範囲でご回答致します。
ご相談者様は、DV行為をされている被害者の元奥様の立場でしょうか?
基本的に、DV行為をする元ご主人様と離婚をしたということでしょうか。
DVの場合は、身体的なものと精神的なものとに別れますが
いずれにしても医師の診断書等が出れば、DVと認定されます。
警察や婦人センターや市役所の福祉事務所にご相談されて、家庭裁判所の保護命令が出れば
元ご主人様に対して接近禁止命令や退去命令が出せます。
離婚後は、ストーカー規制法違反もあり得ます。
また、傷害罪は、刑事告訴することも出来ますが、刑事告訴は相手に刑罰を与えるだけで
ご相談者様の損害賠償の補償にはなりません。
民事の不法行為による損害賠償請求をされると良いでしょう。
まずは、内容証明で損害賠償請求をして、応じれば公正証書で契約書を作成すれば
分割等で未払いの場合は強制執行が出来て安全です。
離婚協議書を作成し直しても良いでしょう。
内容証明の作成は、民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。
相手が応じない場合は、家庭裁判所の調停を申立てて慰謝料等の請求をされると良いでしょう。
家庭裁判所の調停は費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問