JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

10/20に投稿しました件の続きですが、 前回の質問後竹やぶの所有者に管理(敷地境界を超えた10m級の丈の伐採と境

解決済みの質問:

10/20に投稿しました件の続きですが、
前回の質問後竹やぶの所有者に管理(敷地境界を超えた10m級の丈の伐採と境界内外数mの枯れた竹の
除去)についてお願いしたところ、業者にお願いして折半というのが交渉なしの要望に答えられる精一杯の
回答ですとの返信をもらいました。
管理責任は100%所有者にあるものと理解しており、これまで境界付近の低いものはこちらが伐採等やってきていることもあり、費用負担は筋違いかと思いますが、繰り返し今後もそのスタンスで要望していくことで大丈夫でしょうか。
実例、判例などこうした問題にあればご判断とともにお聞きできればと思います。
宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
kionawaka :

隣地の枝が境界を越えるときは、枝を所有者に切除されることができる(民233条1項)ので、折半というのはありえないです。こちらの費用で伐採し、必要費を求償することも考えられますが、回収できるかどうか不明なので、「民法の相隣関係の規定により所有者の費用負担となっています」と述べてください。

Customer:

責任の所在ははっきりしていて100%竹林所有者にあるということで理解しました。

Customer:

また境界を超えていない部分の枯れた竹が倒れて車両等に被害を及ぼした場合、また人に被害を与えた場合についても100%先方が損害賠償責任を負うという理解でよろしいでしょうか

kionawaka :

理論的には隣地所有者に対して、所有権に基づき物上請求権の行使(妨害排除請求権)ができるのではないかと考えます。以前の回答者は土地工作物責任(不法行為)ではないか、との見解のようですが、私は、「土地のい

kionawaka :

工作物」の設置・保存の瑕疵とはいいかねるため、土地工作物責任(民717条)の適用は難しいように思います。それよりは、物権的請求権ー妨害除去請求、破損についての一般的不法行為責任(民709条)=金銭賠償が簡便な処理に思います。いずれにしても所有者が自分の支配権の及ぶ範囲内でしでかしたことですから、すべての責任を負うべきであり、不可抗力によることの証明が(所有者)によってなされた場合を除き、すべての賠償責任をフタ素津

kionawaka :

負担するのが原則です。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問