JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

こんにちは 公正証書のことで相談です 元主人との間に私の債務があり 返済中ですが 離婚するときに 誓約書

解決済みの質問:

こんにちは
公正証書のことで相談です
元主人との間に私の債務があり
返済中ですが 離婚するときに
誓約書を書きました
主人はその誓約書のコピーも渡さず、
公正証書を作成したと言い張りますが
コピーも送付に応じません
返済は滞りなくしております
債務者は誓約書や公正証書のコピーをもっていもっていなく持っていなくてもよいのですか?
また、仮に債務不履行が発生した場合、
どちらにどんな警告なりがあるのですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

公正証書についてですが、まず作成するにあたって債権者(元主人)と債務者(相談者様)が公証役場に直接赴くのが原則です。公証役場によっては債務者の委任状があっても作成をしないケースもあります。相談者様が公正役場に行ったとか、公正証書作成の委任状を元主人に渡したということはありますでしょうか?そういった事実がなければまず公正証書は作成できません(委任状を偽造するとか違法行為をしない限り)。それに、通常は公正証書を作成した時に債権者・債務者ともに公正証書の謄本(いわゆる写し。原本は公証役場にあります)を1通は受け取ります。それは義務ではないですが、弁済契約の内容を双方が把握するためにも謄本を債務者も持つものです。誓約書も同様です。もし本当に公正証書を作成したのであれば、公証役場に原本(電子データ)がありますから公正証書を作成した公証役場と公証人の名前、作成日を元主人に教えてもらいましょう。その上で公証役場に確認した方が良いです。ただ、コピーも渡さないということなので作成していない可能性が高いです。債務者にコピーを渡さない理由がありません。債務不履行についてですが、公正証書がある場合、普通は債権者から支払の催促がきて、それでも支払いがなければ、それをもって相談者様の財産(預金、不動産、自動車など)に強制執行をかけます。裁判所の手続きになるので裁判所から通知が届いたりはします。公正証書だからといって特別な警告はないです(公証役場は強制執行に関与しません)。もし、公正証書がなければ、まず債権者が債務者に対する裁判を起こして判決を取ります(いくつか手段はありますがここでは省きます)。その上で強制執行をかけます。ですから、公正証書があると、判決を取る手間が省けるだけです。どちらにしてもお金の貸し借りについては、原則第三者は関与しませんので警告がくるということはないです(債権者から督促はきますが)。

tkomをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問